カテゴリー「DIY」の記事

2017年12月 4日 (月)

トリマーテーブルの自作 (あられ組み治具の製作)その3

あられ組み治具に挑戦
トリマーテーブルの製作で検索しているとあられ組み治具の製作もたくさん出てくる。箱などの製作にはあられ組みが強度もあり見た目もいいので挑戦することにした。
Img_3739
例によってAliexpressを調べると治具がTスロットで使う定規とセットで1万円以上の似たような価格で多くショップで売られている。(全部同じものみたい)
https://ja.aliexpress.com/item/Woodworking-tools-Push-handle-Push-ruler-Platform-The-saw-The-saw/32736744655.html?spm=a2g11.10010108.1000016.1.1c2dc255lNMqU&isOrigTitle=true
の写真を見ると治具を使ってのあられ組みが加工できる仕組みがわかる。簡単にできる高機能な治具だが高すぎる。たまにしか使わないのでこの仕組みを参考にして簡易な治具を作ることにする。
Img_3770_2
・治具の作り方
前回作ったスライドバーの定規の板を外し別の板で簡単な治具をつくることにする。なにせ木製なので端材があるので何度でもやり直せるのでまず挑戦。

あられの幅は6mmのビットがあるので取り敢えず6mm幅のImg_3710あられ組みに挑戦。

幅を決めるストッパーには丁度6mmの幅のものがいる。木で作ってもすぐ折れそうでピッタリImg_3764
寸法を合わせるのも難しそうなのでHCで何かないかなと探すと6mm角のアルミ棒があったので使うことに。1mで330円位へこんだり曲がったりしないので木より長持ちしそう。


余っているアルミ棒を200mm位に切り6mmの隙間ゲージにすると手軽に使えて寸法を測って木を削って作ることも無く便利そう。

ストッパーを付ける送り定規になる板には厚さ30mm,長さ250mmの堅い端材があったので使うことに。

アルミ角材を100mm位に切り2カ所ねじ止めの穴を開ける。ちょっと長すぎたかな。
木端面の中央に6mmの溝を堀ると溝にたたいて丁度入り動かないほどだが作業の途中でぐらぐらしてはダメなので。木ねじで確実に留める。

◎丸棒をストパーや隙間ゲージに使うと不安定で固定しにくいし当てても不正確になり易いのでやめたのが正解,素人細工には角材が平面でピッタリ合わせられて溝にもぴったり入りgood。

ビットとストッパーの間隔を6mmに合わせるためスライドバーと板をノブボルトで固定する穴は微調整ができるよう長い溝にした。
ノブボルトは開いていたねじ穴を利用したので5mmと6mmで留めた。

溝を掘った板とアルミ棒を付けた板を直角に接合して治具の完成。

Img_3733・治具の調整,固定
アルミ棒とビットの間を先に作った隙間ケージで正確に6mmの間隔にする。(ここがあられ組のポイントのようだ)
スライドバーと板の角度が直角になるようにノブ付きボルトで固定する。(ずれると斜めの凸凹になる)

できあがった凸凹の間隔が共に6mm丁度でないとズレがだんだん大きくなりあられ組の幅がずれ組み合わせができない。
試し削りをしてノギスで凸凹の幅を測ったり,組み合わせてみて木槌で叩いてピシッと入る感覚をつかむ。正確にできると叩くのが気持ちいい。

何度か失敗して強すぎず緩すぎず隙間ゲージがピッタリ合って6mm幅の凸が作れる時の感覚がわかってきた。この感覚を覚えよう。。。
スライドバー側は同じ角棒なのでピタッと合い,ビット側もアルミのゲージなので刃に当ててこすっても刃を傷めることはなさそう。
ここでも6mm角のアルミ棒がピタッと合うので💮💮💮

Tスロットとスライドバーも冶具を動かしてもぐらつかずスムーズに動くことを確認する。

板の厚さが15mmだったのでビットの高さを15mmにする。

・ビット選びが大切
はじめビットはAliexpressで買ったセットの中の2枚刃の6mmと書いてあるものを使って試した。Img_3762何度しても凹の幅が広すぎてダメ。6mmと書いてあるがノギスで測ると6.5mm??もありあてにならない。何度試し削りをしても6mmの凸凹が作れず組み合わせられるものができなかった。しかも削り始めと終わりに割れや欠けも多く失敗だらけだった。(これが中華品質???)単に外側を削るときには使えそう。

トリマー購入時に付属の6mmのビットでもやってみたが幅は6mmだが一枚刃で削り始め終わりに割れや欠けができ実用にならなかった。

Img_3736・素人の私の腕ではストレートビットじゃダメみたいなので割れのできないビットがないかなとネットのレビューを参考に探してアマゾンで 金属も削れると書いてあるストレートシャンクエンドミル 6mmシャンク径 6mm切削直径 2本入りを834円で購入した。同じ中華製??なのに何かと使えそう。good
1本予備があると安心して使える。。

このビットは試用してみると隙間ゲージで6mmを合わせる時ビットの刃の位置を回転させなくても正確に当てやすい。

安物だが材料が木なので削ってみると割れや欠けも無くきれいに削れて幅も6mmでバッチリOK。少し返りが出るが紙やすりですぐ取れる。初めからこのビットでやってみればよかった。ストレートビットとは雲泥の差。
ただ安いので刃が20mmしかないのでそれより厚い板にはつかえない。そんな厚板を使うことはないだろう。長いのも売っているだろう。

・面倒でも安全のため冶具と材料をクランプで留め冶具ごと押すようにすると回転しているビット側に指を出さないので危険性が小さくなる。途中で材料が動くことも無く正確にできそう。

Img_3742削らない時はビットが板に隠れるまで冶具を押し刃物に当たらないようにすると怪我や材料の破損が少しでも防げる。そのためにもビットが完全に隠れて入るよう厚い板にしたのが役だった。

・早速試作品づくり
少し慣れたところで試しに箱を作ってみた。
何度?も削り方を試したおかげで箱の側面は木槌で叩いてぴしっと組み合わさるものができた。4角ともぴったりできて簡単!!簡単と自己満足。

・冶具がうまくいったのポイントは
6mm角のアルミ製隙間ゲージ + エンドミル 6mm +  スライドバー+アイデア?かな。。。。。。

・はじめ素人にはあられ組みはできないかなと思ってもみたが意外にもできた。今回の出費はビットとアルミ棒で1000円一寸オーバー。

素人の工作にしてはと我ながら満足。底板はビットで溝を堀りベニヤ板をはめてみよう。

例のセットの中の3mmと書いてあったビットで溝を掘ると4-5mm位の溝ができた。これも6mmと同じ品質????

集塵機のホースの先を何かのためにと買っていたTスロットにはまるクランプで留めるとOK。作業の邪魔にならずよく吸う位置を考えよう。このクランプが二つあるのでTスロットがあると何かと便利に使えそう。

つぎは10mmか12mmのあられ組に挑戦しよう。
余ったアルミ材と板材で何か冶具でも作ろうかな。。。。。

2017年11月 3日 (金)

トリマーテーブルの自作 (改良版) その2

トリマーテーブルを使ってみた。まだ面取り程度だがトリマーの手持ちだけより非常に便利で安全に使える。しかし使い勝手の悪い前回の課題に取り組んでみた。

1.フェンスの固定方法の改良

フェンスの固定にクランプを使うのは仮の固定ならいいけど確実性や操作性に欠けるので改良した。Img_3672

テーブル上面用に60cmのTトラックを注文したので30cmのが2本余るのでこれを使うことにする。
テーブルの両端にフェンスと直角方向に30mmの溝を掘り埋め込んだ。
溝は幅が30mm深さが12.8mm前回は多少寸法が狂ったが今回は失敗しないようにした。

①溝を掘るビットは12mmを使った。溝の中央付近に幅12mmの溝を掘る。2~3回に分け深さ12mm程度にし仕上げしろを残す。Img_36592

②両端まで何mmか測りトリマーガイドをその分前後に動かしけがき線付近まで削る。

③最後は30mm幅のTトラックを当てて少したたいて入る幅に仕上げる。

④深さの仕上げは前回は溝の深さ以外に側面も削って失敗した。
トリマー付属のタブテールガイドやシステムクランプを定規にすればできそうだが,私の技量では簡単にできなさそう。
Img_36422
考えてるときに何かの時にと別途注文しておいた刃の根元側にローラーのついたビットが来た。AliEepressで3本で717円が役に立った。溝の深さに合わせ刃の長さを選べば側面に沿わせて簡単に深さの調節ができる。
ローラーが縁に当たるので削りすぎがないので安心。

⑤12.8mmの深さに仕上げて残った角をのみで仕上げて終了。ピッタリしたものができた。

⑥フェンスの両端にTトラックに合わせ8mmの穴を開けHCでImg_36572買った長ボルトを180mmに切って通し,下側にはTスライダー,上側にはノブナットをつけて完成。

⑦早速通してみるとこればvery good締め付け,微調整も簡単に確実に早くできる。我ながら満足。


2.スライド定規の改良

Img_3634テーブルのTスロットを取り替える前にスライド定規の改良をした。
板をT字に留めただけの定規はないより良いのだが不安定。(けがをしてからでは遅いので)
Tトラック用のスライドバーのねじ穴に板に穴をあけノブ付きのボルト2本で直角に留めた。
何より左右にぶれないし小さな材料でも安心して送り定規としてスライドさせられる。試しに面取りをしてみたが動きもスムーズで安心して作業ができる。

**********************************************************************
※トリマーテーブルの自作 その3に続く
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-c20b.html

2017年10月21日 (土)

トリマーテーブルの自作 (リョービTRE-60V使用)

木工のDIYをしているとトリマーがほしくなってきた。
安いのもあったのだがソフImg_36102_2トスタートの機能や回転数の調節ができるリョービのTRE-60Vを購入した。

手持ち作業では特に高速回転の恐怖感がトリマー作業にはあるがこれらの機能は素人にはありがたい。

合わせてオプションは本体とともに買うべきのモットーどおりに取説にあったシューベース、集塵アダプタ,1/4インチコレットチャックを購入した。(ほしい時にはもう売っていなことにならないように)

Img_36022_2ビットはAliexpressで15本組みが1,648円であったので初めの練習用はこれでいいかなと購入。少々折れても一本100円位ならOK。

トリマーは集塵機がないと大変なようなので日立の電動工具用集じん機 RP150YDをかった。(高いけどトリマーとの連動やパワーの調節、集塵フィルタを考えて決定)5mの長いホースがついているのが便利。
家庭用掃除機の手持ちの丸ブラシや隙間ノズルが付属品の組み合わせで使え周囲の掃除に便利。でも掃除用のホースやノズルは付いてなくホースが電動工具用で細いので注意。車の車内の掃除にはホースが細く長いのがgood。

試しに何かつくろう!!と 頭に浮かんだのがネットにもたくさん書いてあるトリマーテーブルの自作だ。夫々な創意工夫で色々な方法で作ってある。何とか自作できるのではと取りかかる。

刃物が高速回転するものなので安全に使いたいし,加工の範囲も広がり作業効率もいいとあるのでこれからつくることに。

ネットを検索すると既製品から自作まで様ざまなものがある。テーブルに脚をつけるとしまうところがないので古い作業用の折りたたみのベンチバイスに取り付ける方式を参考にとりかかる。

テーブルの天板は20mm位の合板にメラミンの化粧板が貼ってあるもらいものがあったので利用することに。大きさは600mm×400mmで切断した。
Img_35692_3
例によってAliexpressを見ているとあるあるdiy用のルーター・トリマーテーブル用の部品がいっぱい。色々利用できそう。
(同じ様なものでも価格・送料がshopによって差があるので注意)

Img_35672その中からルーターテーブル用の金属プレートを使うことに,ミリ単位のメモリもありフェンスが合わせやすいし,見た目もいいしトリマーの取り付けも簡単そうで,見た目がいいので使うことに。($27.67で3,095円だった)

天板が厚いのではめ込んでもうまく使えそう。トリマーではめ込み部を深さ8mm削り,ジグソーで不用部を切り抜いてプレートをおくとピッタリok。アルミダイカスト製で頑丈で曲がったりしない,ヘタにアルミ板や鉄板で作るよりgood。

この作業には別途購入しておいたPROGRIP システムバークランプ 24” が役に立つ。このクランプにはオプションがたくさんあるが高い。
長手方向は簡単に固定できトリマーの定規として使えてべんり。
短手方向には直角にスライドするバーがいる。トリマー作業のストップ位置の決めにもなるので硬Img_3563い板で作ることにスライド部にはもモノタロウの5mmのウエルディングナットがピッタリImg_35652_2システムバーのスライド部にはいる。板の底をクランプの形にトリマーで削り,穴をあけてノブ付きボルトを締めOK。スライドもバッチリスムーズ。直角だけはスコヤで確認してしっかり留めればOK。

このクランプはトリマー作業以外に丸鋸のガイドにも使えるし便利。安上がりで定規の完成。2組定規をつけてテーブルに取り付けても使える場面があるかな?もう一つ定規をつくろう。

フェンスは集成材の厚板があったので使うことに厚さ高さもぴったり。
フェンスと天板にフェザーボードやストッパーをつけるためにT-トラック,ストッパーがあったので注文。T-トラックは300mmを4本買ったので2本つないで使うことに。600mmを買う機会があれば取り換えよう。

フェザーボードはアマゾンにも同価格位であったのでアマゾンに注文。
フェザーボードは跳ね返り防止や材料を安全に抑えるためには必須なもの。
安全第一!!
30mm幅のT-トラックの溝もトリマーで削る。トリマー作業にだいぶ慣れてきた。
Img_35742フェンスの中央下部に32mmのImg_35802穴を開けて鋸で切ってトンネルを作る。

集塵ホースとの繋ぎは作ることも思案したが面倒。
,トリマー単独で使うこともあまりなさそうなシューベースが使えないかとあててみると水平面をテーブル側にすると使えそう。フェンス側には少しでっぱりがあるので溝を掘りはめ込むとバッチリフェンスともぴったりで集塵口の完成。
でも作業の邪魔にはならないが上部のでっぱりは本来は何のためにあるのだろう作業の時の押さえかな??,補強のためかな???吸い込み口と繋がっているのならふさがなくては??トリマーにつけて単独で使ってないのでわからない。
フェンスにつけるとプレートについている四角い穴からテーブル下部からの削りくずも吸ってくれるのか,塞いだ方が上からよく吸うのか試してみたい。

集塵機のホースと色々ついている付属品のアダプタでは
組み合わせてみてもシューImg_35862ベースの口と合わない。ホームセンターで何か無いかと探して買ったImg_36012内径が
40mm位の100円台の安い水道用のジョイントを使って繫ぐとバッチリOK。見た目もバッチリ
(ちなみに手持ちの時よく使う集塵アダプタの吸い口は付属のもので間に合う)

60V用のトリマーのベースはアルミダイカストでしっかりしている。さすがプロ用?。
取り付けにこれを使うのはもったいないので同じ形状のMTR-42用のプラ製のものを使ってみることにホームセンターで注文して購入。何で部品だけだと高い!!のか。
比べるとペコペコして壊れそう。プロ用とエントリー用のImg_36072違いに納得。まあ壊れたらアルミ製にしよう。天板の下に取り付けあまり動かさないのでなんとかつかえるかな。

中国製のプレートの穴にはさすがに合わないのでベースに合わせてあけかえて取り付ける。アルミ製よりフニャフニャなので逆に取り付け取り外しはスムーズ??。
このトリマーの取り付けはロックがかかり落ちたり,途中で動くことは無さそうだ。刃の出し具合もねじ式で合わせやすい。

天板の裏側にはバイスで締め付け用の厚板と裏に出たナットの頭で凸凹するのを防ぐベニヤ板を付けた。フェンスと天板との固定は取りあえずクランプ2本で固定することにする。

Img_35832木口など端面を削るときのために直角のスライド定規を端材で作った役に立つだろう。Img_35822

Tトラック用のストッパーに木片をつけるとスライドのストッパーとして使え便利。

厚さが25mm以下の板なら手押しカンナ代わりに使えそう。


※課題

Tトラック用のスライダーがあるので何か便利な冶具をつくろうかな
Tトラック用のスライドバーに定規を作ればずれなくて良いものができるかな

完成!!!フェンスをもっとスマートに固定する方法を考えよう!!!

でも 何をつくろうかなーーーーーーーーーそれが問題だ
**********************************************************************
※トリマーテーブルの自作 その2に続く
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/tre-60v-6a21.html

2014年6月12日 (木)

SK11 卓上ボール盤 SDPー300W

垂直な穴あけや斜め穴あけをするには手持ちのドリルでは限界があり、卓上ボール盤がほしくなりました。DIY向けの製品の中から安くて比較的評価のよさそうな??なものをネットで探してみる。1万円前後のものが数点あり、どれにしPhoto_5
ても、またまたすべて中国製。その中からSK11のSDPー300Wに決定。レビューとか見るとそこそこの評価。
コメリの通販が安値
9,236円(税込)1万円以上で送料無料。コメリ店頭受け取りにしようかと思いつつ、もっと探すとyahooのコメリが同じ価格で送料無料(5000円以上)おまけにyahooポインもつくので同じコメリでもわずかな違いで安い方で購入決定。近くにコメリができたので、修理とかの場合便利かなと。

Photoゆうパックで思ったより小さい箱で到着。各部は2段の発泡スチロールで梱包されていました。さっそく組立、レンチとドライバーのみで説明書もわかりやすくすぐに完成。6角レンチは付属していました。どこかに取り付けないと頭でっかちで不安定。木材で移動できる台を作りました。厚みのある材料でしっかりしたものができました。台の下には、使用しない機械万力やドリル、ねじ、ドリルなどのおける棚をつくりました。10mmの2_3ボルトで固定すると安定してすごくべんり。
Photo_2台をつくって、ボール盤を取り付けると移動が大変。脚の下にキャスターを買ってきて取り付けました。保管場所への移動などが楽にりました。

使ってみて、1.5mmのドリルをつけてもぶれも少なくDIYで使う分には十分。テーブルや万力に少しバリが残っていたが中国製と価格を考えるとこんなものかと納得。スコヤでテーブルの角度を調整すると。
テーブルに張ってある角度メモリのテープはわずかなずれありました。テーブルを左右同じ角度で傾けるためには、テープの角度目盛りでは誤差が多Photo_4すぎ正確さがない。以前から入れていた今は使わないiphon4のレベル測定のアプリを使うことに。iphon4をテーブルに置くと角度がデジタル表示で簡単に角度調整ができました。
DIY用として使う分には保管場所さえあれば、手持ちのドリルよりも正確で安全に作業ができそう。。。。テーブルの上下移動用ラックとハンドルがついていればと思うけどこの価格じゃ無理でしょう。。。。

2014年1月30日 (木)

新興製作所(SHINKO) チップソー切断機 MTC-190 を買いました

新興製作所(SHINKO) チップソー切断機 MTC-190 を買いました

 単管,ビニールハウスのパイプや2×4材などの切断の機会が増え今まで丸鋸やディスクグラインダーでやっていたが,作業の正確さや安全性の問題が出てきたので切断機の購入を考えました,金属だけなら砥石の高速切断機が手軽で良いのですが木材の木口も直角に速く正確に切りたくて。
 素人が毎日使うわけでもなくプロ並みの精度がいるわけでもなく,安全に作業できるものはとネットでさがして,アマゾンで新興製作所(SHINKO) チップソー切断機 MTC-190を見つけました。レビューを見ても素人向けには十分そうでしたので。ちなみにまたまた中国製。
 Daitukiチップソーも190mmで内径20mmの一般的なものを予備に一枚購入。ステンレス用は高いので必要なとき買おう。

購入してみて
 直角をスコヤで計るとほぼ合ってましたが,微調整しました。これでいつでも直角に切れそう。 鉄パイプも砥石できるより切断面はバリも少なくきれい。2×4材の木口も簡単に直角に切れる。

取り付け台の製作・・・・使う時だけ物置から取り出して使うので,持ち運びは軽くて便利だけど,置いたとき安定性に欠けるので安全を考え取り付け台をあり合わせの角材で作りました。堅い材料でしたので重さは3.2㎏もあり安定した台ができました。台をつけないと頭でっかちで不安定したがこの上にボルトで留めるとバッチリ安定性が増しました。

材料の固定・・・・付属のたてバイスは,申し訳程度のもので単管や大きなものTankan確実な固定には,ちゃちなもので役に立たない。
 このバイスだけで大きなパイプなどを留めたつもりになるとるとけがの元??。 本格的なバイスと比べると力も入らないし雲泥の差。

 F(L)クランプと厚板を使い材料を押さえるとばっちりOK,長い単管でも動きません。作った台の下側と厚板をクランプで挟むと確実にとまりOK。  直接挟むと安定しないし,締めるとテーブルやアルミの台が壊れたり,歪むかも。。。 おまけに多少浮き上がっている黒い刃口板も押さえられます。       

 22pai刃より右側は本体が下るのでFクランプは使えない。付属のたてバイスがもう一つあれば。。。。そこで取説にある窓口にTELをすると,ホームセンターに頼めば1200円で取り寄せてくれるとのこと。本体全部で9,994円で買ったのに高い気もするが安全には替えられない。注文しようかな。

 長い材料を止めるときはテープルと同じ高さの台を作ると確実なので即作りました。左右用に2つ作りました。
 材料を確実に固定すると途中で材料が動いて,手を出すこともなく。刃に指を近づけることもなさそう。 防塵めがねをして作業をしないと切りくずがかなり飛んでくる。
Makura

これで,春先までに畑のブドウ棚と屋根を単管とハウス用パイプを切ってつくれそう。。。。DIYを楽しもう。。。。