カテゴリー「アマチュア無線」の記事

2018年4月11日 (水)

MD-380で外部マイクを使う  (その4)

MD-380の申請が気になり変更申請の状態を見ると審査終了になっていた。以前申請したUV-5Rと同様本体の改造などしなくてもソフトの設定だけで問題なく通りました。日数はJARDに出してから10日。
つぎはもっと安いDMR機でも探してみるかなでも申請の資料がないので無理か・・・。

※しばらくQSOしていて気になったことImg_3962

① 外部マイクを使う
まさかあの本体を持って電源ケーブルを引っ張り回しての長時間のQSOは私の腕力では無理。

UV-5R用の外部マイクをつけて使っているとカールコードが短い。本体をスタンドに立てて引っ張り過ぎるとすぐスタンドごと倒れる。本体がスタンドの前側にあり,しかも電池を外し軽いアダプタをつけているので余計前に倒れやすい構造。

コードの延長をしなくてはとネットを見ていると延長コードがあった。UV-5R用だがMD-380で使える。565円で購入する長さが2Mあり少々リグから離れてもハンドマイクで自由に話せるこれはgood。(長すぎるかも)
IEncho_2COMの似たようなケーブルで20cm程のものが1200円オーバー(本体も高いが付属品も一緒) 下手にコネクター類を買って作るよりスマートですっきり。
数百円のマイクじゃ何だか安っぽいし小さいので持ちにくいのが欠点かな。


② スタンドマイクを使う

ハンドマイクも使っているとだんだん手持ちが面倒になる。

今も使えるICOMのスタンドマイク(IC-SM2)があるので,まあ音質はそれなりだと思うけど使ってみようと変換を考える。

UV-5RやKenwood用のオプションを探すがこんなハンディー機への変換アダプタ類は売っていない。

そこで 2.5・3.5mmのステレオプラグと8ピンの中継ジャックと外部スピーカー用の中継ジャックがあればできそうなので作ってみた。(ケーブルのはんだ付けだけで簡単簡単)
StandHenkan_2

MD-380用スタンドマイク変換アダプターの完成!!

※コネクターとケーブルだけで外見も我ながらスマートにできた。

使ってみると,FMはOKだがDVモードではIC-SM2は回り込み??による雑音が入るで中止。

発想は良かったのだがこれが中華品質のMD-380かマイクが悪いのか,マイクレベルがあっていないのか??。原因を確かめて対策を考えなくては・・・それまでは当分ハンドマイクかな。

外部スピーカーはverygood音質が良く長時間聞いていても疲れない。MD-380のSPの音は今一,。回り込まない8ピンコネクタのマイクを探そう。

※古いモービル機のハンドマイクは使えたがメーカーにより8ピンの配線が違うのが難点,色々なマイクを試してみよう。

※高級なスタンドマイクでも買って音をためして見るかな???(リグより高くつくのでやめよう)

2018年4月 6日 (金)

MD-380 + Pi-Star でDMRを始める (その3)

Pi-starを検索するとD-StarよりDMRについてのHPやブログ・動画が圧倒的に多かったので挑戦することにする。

※MD-380の購入
MD-380はAliexpressやebayで沢山売っている。
Aliexpressで10,509円で購入する。プログラミングケーブルは別売かと思ったがCDとケーブルは箱に入っていた。https://ja.aliexpress.com/item/TYT-MD-380-DMR-Digital-Two-Way-Radio-DMR-UHF-400-480MHz-5W-Walkie-Talkie-Up/32813007319.html?spm=a2g11.search0104.3.59.244d2daeffGX1p&ws_ab_test=searchweb0_0,searchweb201602_4_10152_10151_10065_10344_10068_10342_10343_10340_10341_10084_10083_10618_10307_5711211_10313_10059_10534_100031_10103_10627_10626_10624_10623_10622_5722411_10621_10620_5711313,searchweb201603_25,ppcSwitch_3&algo_expid=660d457c-f3db-4dbb-a51b-7ed0d9a1177a-8&algo_pvid=660d457c-f3db-4dbb-a51b-7ed0d9a1177a&priceBeautifyAB=0

Dmr1Dmr2

外部電源ジャックがないので車の12V用のアダプター(969円)を買う。コードが短かく定電圧電源までの延長コードをアマゾンで購入(999円)電流が少ないので少々長いがOKとする。これでバッテリーを使わなくて済む。
バッテリーをつけて充電しながら使っている人もおられるみたいだけど大丈夫かしら・・・・・・・????

予備のバッテリー(1,902円)も一緒に買う。充電して保管して移動時に使おう。)付属の充電器はスタンド代わりにする。

ハード類は全部買っても15,000円でおつりがくる,ID-31PLUSと比べると半額以下の出費DMR機は安い。ICOMはケーブルも充電スタンドも別売なのに・・・・・・・(高すぎ・・)

※MD-380の免許
免許については系統図などの書類をネットの情報を参考にJARDにMD-380の保証認定を申請すると10日程で保証書が添付された通知がある。

そのまま保証書を添付して総通に電子申請する5日後 第〇送信機の番号確認の電話がある。(当局のミス,古くジャンクとして捨てた現物のないリグを忘れていた。廃止しなくては)。免許状の変更がなく届け出がOKなので,送信してもいいとのこと。 堂々と電波が出せる!!(未だにMD-380(DMR)は免許がおりないと書いてあるHPもあるが・・・・・・??)

※MD-380コントロールソフトの設定
HPのv.1.34を使った。ネットにある設定例を参考に設定する。項目の意味が解らないところもあるが取り敢えず済ませた。親切な各局に感謝!!

※Pi-Starの設定
D-Star用に設定したmicroSDにDMR Masterの設定を追加して終了。D-Starの時の設定に追加なので超簡単。同時稼働もできるが紛らわしいのでD-Starの設定は一時停止して別々のSDで動かそう。

※QSOをして
PTTをONにするとMD-380のLEDが赤くなり送信状態になる。Pi-Starの表示も送信状態になる。何とすぐ応答があるではないかQSOができた。このままでも最低限のQSOができる。

DVMEGAとJUMBOSPOTと二つあるのでD-StarとDMRを使い分けた方がPi-Starのダッシュボードも見やすい?

チャンネル設定をしてグループでQSOをするにはMD-380とJUMBOSPOTの組み合わせが安くて十分のようだ。

予備のバッテリーも買ったので連絡用のハンディー機として使っても簡単操作でよさそう。

毎回VRを回しての電源のON・OFFは(中華品質のリグなので)ガリオームに早くなりそうだし。(安いので買い替えればいいか??)一々音量を合わせるのが面倒。外部電源だと他のリグと一括でON・OFFができ便利

UV-5R用のプログラムケーブルは外見は似ていてジャックに入るが認識しないので注意。外部マイクは問題なく使えるが長く使うにはいいマイクがほしい。

Img_39412

※免許のある完動するハンディー機が3機種になった。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※その4につづく
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/md-380dmr-0963.html

2018年3月24日 (土)

JUMBOSPOT + Pi-Star で ノード局を作る  (その2)

Pi-starについてネットを見ていたら Pi-StarをJumbospotやZumspotで使っているHP・ブログ・動画が沢山あった。日本語より英語のものが遥かに多い。

JumboSpotは国外ではChinaSpot?とも呼ばれているcopyと書いてあった。Aliexpressで何はともあれ安いので買ってみることにした。
基盤だけならセールで安いところで5,000円以下もあるがケース・OLED・ANT付が7,000円位であったので注文した。(個別に探せばもっと安くなる) RPi z wにつけるピンもついている。

Jumbo2_2Jumbo1_2

ZumSpotの半額位と安価なのがいい。(ebayでは4500円位からある)

RPi z wを別途購入すれば完成する。国内の通販で送料込み1,446円で購入した。

Jumbospotの基盤はアンテナコネクタとOLED基盤は部品だけなのではんだ付けをした。アンテナコネクタを基盤にぴったりつけると付属のケースだとケースの上に出る部分が少ないので少し浮けて取り付けた。

Jumbo3_2LEDが色々ついており状況がわかる。
OLEDは小さいけれどモードや相手局のコールサインやリフレクタが表示され状況がパソコンがなくてもよくわかる。DVMEGAよりgood
設定の変更をしなければ他のモニターがいらないのがいい。ケースにはこのモニター用とアンテナ用の穴がすぐ開くようになっているのであった方がgood。

Pi-starのイメージをダウンロードしパソコンでWin32DiskImagerを使って書きもむ。SDFormatterも入れておくと便利だ。

RPi z wの設定にはマイクロUSB-有線LAN変換アダプタがいる。一度WiFiの設定をすればあとは有線はいらない。アマゾンで700円位のを買った。これで十分

UsblanRpi にインストールしたmicroSDを入れてAdvanced IP ScannerでPi zeroの有線LANのIPアドレス調べる。
パソコンのブラウザーでそのアドレスを入れるとPi-Starの画面が出る。次に進もうとすると一々セキュリティーの画面がでる。めんどくさい。(出さない方法を知らない)Pistar2

ネットを参考に各項目を設定する。初めに使ったソフトより簡単簡単。設定の意味のわからないところもあるが受信できたのでOKとする。

WiFiの設定をすると次から有線がいらない。IPアドレスを調べてつなぐのは有線と同じ。

configの設定は1画面なので画面コピーを印刷しておこう。configのバックアップもできるのでそのほうがいいかな。

ここまではスムーズにいく。

ソフトは動かしてみるとこれも受信はできるが送信ができない色々つついてみたが 私の知識じゃ以前と同じ。
誰もこんなトラブルで困ったと書いていない(英語のサイトはパス)のでブログに色々書かれている局に問い合わせてアドバイスをいただいた。なるほどすぐ動いた。

送信するとダッシュボードの表示が赤くなり送信状態になったことが分かる。good!!

色々悩んだけれど詳しい人に聞いてみるものだ。Pi3+DVMEGAの方もバッチリ解決。感謝!!

もうその1で書いた他のソフトはいらないPi-Starを使うと戻れない。SDはformatして他に使おう!!

DVMEGA+Pi3の半額以下。
(他にmicroSD・LAN変換アダプタ・2A電源などがいるが)

大きさも3分の一位。ケースは72mm×34mm×23mmと小型なのがいい。8,500円+αでノード局ができる安い!!。

ケース・OLEDなしで節約すれば6,500円でできるホント安い?
ID-31PLUSを持っている知り合いにすすめよう。

実際にQSOすると快適に動く。操作するダッシュボードはパソコン・タブレット・スマホ何でも使えるので休眠状態のタブレットの使い道ができた。

次回のローカル局のアイボールミーティングに持っていく材料ができた。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※追加

ID-31PLUSを持っている知り合いの局にJumboSpotことをメールで伝える。安くできるならやってみたいという。

予備があったのでPi-Starを入れてすぐ使える状態に設定して送る。
USB-LAN変換コードの注文と必要なソフトを伝えインストールしておくよう連絡する。その後設定が済んでQSOをしたgood。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ その3につづく
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/md-380-pi-star-.html

2018年2月21日 (水)

Raspberry Pi+DVMEGAでD-Starのノード局をつくる(その1)

※ノード局に挑戦

ID-31PlusのDVモードは近くのリピーター1局以外何も聞こえない。
(FMモードもたまに聞こえる程度だが)D-Starにはリフレクターを経由してのQSOがありアクセスするにはノード局というのがいることがわかりどんなものかと挑戦することにした。

Dvmega3ネットを検索すると色々な方法でノード局を作ることができるようだ。その中で手持ちのラズパイが活用できる方法に興味を持つ。

DVMEGAという基盤が必要でオランダの購入先に送料込み€112.19をpaypalで払うと10日ほどで到着した。Dvmega5

MicroSDも安くなったので①Western ②Marryland ③Pi-Star の3つを試してみた。

ラズパイとSDRでしばらく遊んでいた時にPCにVNC-Viewerの設定やエディターをつついていたのが役に立った。ソフトのダウンロードからイメージの書きこみなどの作業はスムーズにできた。

ラズパイに初めから取り組むとLinuxの基本操作に時間がかかり少し敷居が高かったように感じた。何が役に立つやら。。。。

Westerndstar①はJR1OFP局のHPに丁寧な解説があるので参考にして設定をする。
なじみのディスクトップが出たので日本語フォントのインストールも簡単にできた。
DVMEGAのソフトの設定はタブを次々開いての設定だ。

②はJA3GQJ局のHPや英語版ながらMaryland D-StarのHPにStepMaryland2-by-Stepがあったので参考にして設定する。
ディスクトップはアイコンのきれいなこの画面にカスタマイズされている。
日本語のフォントを入れていないが①と同じようにできるのかなあ…。

①と②はパソコンからVNC-Viewerで設定したがデスクトップ画面が違うだけで基本的な設定内容はほぼ同じだった。どちらも設定はいくつものページがあったが丁寧なHPの解説のおかげでできた。

GatewaylogやRepeater logなどがあり詳しい接続状況が分かるのがいい。(表示されてもわからないことが多い)素人には詳しすぎる???わかる人には最適???

②の方がアイコンが沢山あり取っつきやすかった。
その後①②共にxlxのリストが古かったのでダウンロードして更新した。これも同じ作業でできた。

早速テストでID-31Plusから送信してエコーテストをしてみると声が帰ってくる。その後何局かQSOしてみて使えることがわかった。

設定の変更がめんどう(あまり変えることはないのだか・・・)

③はYouTubeでDVMEGAを検索するとPi-Starを使ってWの何局かが簡単そうに設定している動画があった。
PiーStarのHPからソフトをダウンロードして使ってみることにした。
Pistar2
HPは英語版だがYouTubeにsetupのわかりやすい解説があり動画を見て設定を進めた。

初め①②と同じようにしてもパソコンから画面が見えないのであきらめかけたが,直接ラズパイのHDMIにモニターをつないでみるとブラウザーからアクセスすることが分かった。

IPアドレスにアクセスするとダッシュボードが表示されそこからの設定だった。

言語の設定で日本語を選ぶとConfigurationやダッシュボートの項目が全部ではないが日本語表示になり助かる。ダッシュボードで接続状況やログが表示され一目でわかる。初心者には此のくらいのログで十分かな。
Dvmega2ここまでは順調だったが設定が悪いのかID-31+で受信や送信をしてもできなかったり,できても遅れて送信したりする。
まだまだ不安定で常時使用とはいかない。
何が悪いのかわからない。
QSO中にソフトのアップデートではとのアドバイスをいただいたがしてもダメみたい。

設定ミスだろうがどこかが悪いのだろう。しばらく遊べそうだがQSOに使えなくては・・・・。適当??な設定じゃあダメみたい。(日本語のFAQがないかな)

③がいいのはWiFiが繋がっていればタブレットやihoneで操作ができるのが手軽でよいので何とかならないものか・・・・。何も理解せずでの設定では何もわからずダメみたい。当分直るまでは②でいこう。

とにかく遊んでいたID-31Plus・ラズパイ・タブレットの別の新しい使い道ができた。ID-31とDVMEGAの間が430MHzDVモードの通信になるので免許がくるまでダミーで遊ぶことにする。

※ DVMEGAの免許申請

ID-31Plusの免許は済ませているがDVMEGAの無線機としての使用は移動と固定局があっても同じコールではダメらしいので切れていたXYLの局免を復活することにした。
JA1COU局のHPのブロック図を参考に書きPDFで添付してJARDに保証認定を申請した。(4,000円は高い・・・)

1週間ほどでJARDから保証書がPDFで送られてきた。早速開局申請をDVMEGAとID31Plusで出した。

PDFの保証書を添付して電子申請をしたら1週間で受け付けのメールがあったので申請料(2,900円)を振り込んだ。

その後土日を除いて3日目に免許状が到着!! もういらなくなる証票が入っていた。Img_3884_2

次のローカル局のミーティングで申請に使ったPDFのいる局にあげよう。

10mWでも無線局とは・・・・・めんどうだがアマチュア無線局との交信になるのでこの際きちんとしよう。

Ant2例によってAliexpressからダイヤモンドSHR805Sもどきを2本買った。性能は分からないが普段はせいぜい部屋の中の数メートル以内何とかなるだろう短いのがいい。
何しろ安い(1本数百円)のが一番。ケースに穴を開けてANTをつけると見た目も無線機らしくていい(自己満足)。ID-31を持ち歩けば家の中では使えるのかな。
ANTがなければ無線局でなくなる???ホント・・・・・

----------------------------------------------------------------------------------

その2につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/jumbo-spot-db47.html

 

2017年12月21日 (木)

MC-43Sもどきは失敗だった

※※同じくAliexpressで買った マイクの失敗談

今あるモービル機のマイクが TORIO MC-42Sと古く コードもだいぶ伸びてきたので例のセールの時 MC-43Sもどきがあったので買ってみた。

996a5190見た目はそっくりだが軽くて手触りが安っぽい。本体のプラやハンガー金具も安っぽい。カールコードは固く重い。UP DWNのスイッチも安物。

前面には堂々KENWOOD MC-43Sと書かれたプレート。(注文時の画面ではKENWOODは消してあった) 裏面はMADE IN JAPANまでありコピーされた本物そっくり。 と 外見からの感想。

取説は 本物のMC-43Sのコピーが入っていた。

いざマイクを付け替えてみる。 モニターしてみるとPTTやUPDWNはできるが音が小さすぎて使えない。

Img_37732マイクユニットが悪ければ諦めようと42Sも開けて比べてみる。

配線を比べてビックリ MICのGND用のシールド線がPTTスイッチの配線に,MICのGND側が他のGNDに別の普通の線でつながってたりとでたらめ。。。

コネクターも開け42Sと比べて配線を正常に直してみる。まだ音は小さいがかなり改善され他のリグでモニターするとハウリングも起きるのが確認できた。

これが中華品質と納得???。

何か別のマイクユニットでもあれば付け替えてみるしかない。安物のダイナミックマイクかコンデンサーマイクのユニットでも探そうかな。

Img_3791コンデンサーマイクのMC-44もどきも試してみた。

音質はあまりよくないけど,800円と安いこちらの方がまだ使えそう。

2017年12月19日 (火)

ID-31 PLUS用 木製スタンドの製作

Img_3647FMだけならUV-5Rで十分なのだがDVモード,D-STARとはどんなものかやってみたくて。。。。ハンディー機 ID-31PLUSを入手した。

UV-5Rは充電スタンドがあるので置き場所に困らないがID-31は別売りなので買っていない。

そこで自作することに机の上に立てらせて置くことができればと木製スタンドに挑戦。先日からはじめたトリマーが役に立つ。

35mm厚の適当な木片があったので幅65×奥行35×Img_3641
深さ25mmの穴を掘る。
トリマーテーブルや根元にローラーのついたビットが役に立つ。

Img_3633試しに穴に入れてみるとベルトクリップが当たり不安定なので凹みをつけると少し傾いて安定して立つし見やすくなった。深さが25mmだと横の電源コネクタも当たらずOK。スピーカーも隠れない。
安定性のためにはなるべく重い木のほうがいい。
周りをビットで飾り削りをしてニスを塗って完成。

データーケーブルもUSB-シリアルの変換ケーブルがあったので2.5mmのコネクタに配線してつくる(ゴムを少し切らないと奥まで入らない)。Img_3678

外部電源,外部マイク,SP,データ,ANTと5本ものケーブルがつながっているので外部マイクがないと使いにくい。

マイクは外部マイクとして古いハンドマイクがあったのでコネクターをつけ替えてつかうことにする。スピーカ付きマイクだが離れると聞きにくいのでSPコネクターを抜き内臓スピーカーを使っていた。

Img_3777小さなAVスピーカがありコネクタをつけ繫いでみるといい音質で聞きやすい。おまけにボックスの上に木製スタンドを置くと液Img_3676_2晶も見やすく自己満足。

3個も作ったので余分は知り合いの局にプレゼント。
もっと作ると売れるかなーー


外部電源は壊れたタブレット(おなじみソニータイマー発動でスイッチ,液晶がダメになり)の用途のなかったACアダプタ10.5Vが2個もあったのでコネクタを付け替え使用するとバッチリ。 もう1個はコネクタが特殊なのでヤフオクでうれるかな。

変更の申請して証票が来たのでID-31PLUSの設定をしてから試しにインターネットにつなぎゲート越えで知り合いの鳥取の局を呼ぶとQSOができた。
しかしレピーターも1局しか聞こえないし 出てるのも同じ局ばかりで 飽きそう。 次を考えなくては。。。。

***********************************************************************************

【追加】 UV-5Rのところでも追加したけど

Windows 10 Fall Creators Update を時間をかけてした後にデバイスマネージャーを見ると,USBシリアル変換のドライバーに!マーク。ドライバを見ると新しいものだけになって正常に動いていた古いのが消えている。
アップデートで 以前に入れておいたドライバーがなくなっている。
もう一度Prolificのバージョン 3.2.0.0を入れなおすと OK ポート番号も変わった。ダウンロードの場所をブログにかいていてよかった。

早速ドライバーを入れてデバイスマネージャーで確かめるとOK

windowsのアップデートはいいけど勝手に削除はこまるなー

今後もメジャーなアップデートでは同じことが起きるのかなーーー

2017年3月23日 (木)

初めてのラズベリーパイ( その1)

ラズベリーパイで色々なことができのがはやっているらしい。物好きの虫が騒ぎ出しネットで調べてみると色々ある。購入先からセットアップ・何ができるか沢山のことが書いてあり世間の流れに遅れていることを実感する。
畑仕事の合間につつくのは面白そう。

アマチュア無線機のリモート運用,ワイドFMの受信,インターネットラジオ,ハムバンドの受信,ロビ君の制御,航空無線の受信などなど興味のあることに使えそう。Pai

とういことで取り敢えず
Raspberrry Pi 3 ModelB (本体,ACアダプタ,ケース)をアマゾンより安かったRS Componentsで購入
近くの本屋でラズベリーパイの超入門書を買って頭の体操,Linuxのコマンドなんて初めてで理解に苦しむ。年をとると中々頭に入らない。
でも買った本は分かりやすいのでOSのインストールから始めた。

少し古いバージョンのRaspbianを元に書かれているがほとんど一緒で役に立つ。

まず本の通りにRaspbianを入れてみる。なんとかなる!間違いながらもインストールしてネットワークなどの設定をすませる。
小っちゃなボード一枚でと感心する。基本の設定が終わったところでSDのバックアップをとる。イメージコピーで簡単にできるので段階ごとにとることにする。どの段階にもすぐ戻せるので忘れないようにとる。
失敗してはじめからインストールは苦行。

知り合いが必要ならSDに焼いてあげよう????

996a4642無線機のリモート運用はソフトさえ入れればリグも対応しておりアダプタやケーブルも使えるのですぐに動きそうだかソフトが10000円近くと高いのでもう少し必要を感じてからにする。無線機につけるときは専用になるのでラズパイのおかわりを準備しよう。

数年前より世界中で広がっているUSBのチューナーを使ってFMや航空無線が聞こえ,しかもチューナーは1000円位であるようだ。

アマゾンでチューナーとANT端子をBNCに変換するケーブルも同時に購入する。購入レビューを見ても好きな人が多いいのにびっくり。

ネットを見ると私が遅かったので丁寧な方のHPやブログがいっぱいあり参考になる。
チューナーのインストールも丁寧なHPやブログがあり参考になる。

まずはラズパイのセットアップから,始めは訳の分からないコマンドを間違いなく打つのは無理と思って見ていたらwindowsパソコンからのリモート接続してブログのコマンドをラズパイにコピペで簡単に入れられると書いてあり早速繋げると超便利。
キーボードとマウスがなくても使えそうなので取り外してみる。ラズパイだけでもコマンドを打てば聞こえるらしいがSDR#というソフトを使いパソコンから操作すると簡単に操作できるので入れてみる。

入力したコマンドの訳も分からないままとにかく完了。
Ant
Sdr12_2

つぎは実際にアンテナをつないでみる。アンテナは航空無線を聴くために軒先につけたディスコーンアンテナをBNCに変換してつないでみる。
FM放送(NHK・広島FM・レディオ備後),ワイドFMのRCCががすんなり受信できたのでビックリ。不安定なAMのRCCよりgood。ここでオールバンド対応のディスコーンアンテナが役に立つとは。

タワーの八木アンテナに繋いだリグでワッチすると最近の田舎では144・430MHzはガラガラだどワッチを続けると何局か聞こえたので,ラズパイとパソコンで聞く比べてみると聞こえる聞こえる。
設定は少しでも早い方がよいとLANケーブルを繋いでいたがWifiでパソコンと繋ぐとラズパイに繋ぐケーブルは電源とUSBだけで済みスマートになる。

50MHzも聞こえた。1200MHzも自分で波を出してモニターすると聞こえる。非常に面白い,たった1000円のチューナーで色々遊べそう。思ったより感度がいい,リグのない部屋でもパソコンがあればワッチできる。

もちろんラズパイを使わずにノートパソコンなどに直接繋いでもよく聞こえる。だたしアンテナがない所では聞こえないのでラズパイを経由した方が遊ぶのには面白いかな。改造すればHFも聞こえるらしい。

2015年10月 1日 (木)

UV-5Rのメモリー書き込みソフトはWIN10でも動く パート3

V-5Rのメモリー書き込みソフトはWIN7,8で動かしていたが、すべてのパソコンをwindows10にしたのでUV-5R,5RE+のメモリー書きこみソフトを試してみた。

Acerのノートパソコン ASPIRE 5750で取り敢えずやってみる。win8.1にソフトを入れたままアップデートすると、win10では予想どおり動かない。画面が点滅するだけだった。win7のパソコンでも同じだった。

UV-5Rのメモリー書き込みソフトは動くパート2でドライバーを入れ替えた方法を試す。http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/uv-5rwin8-0547.htmlUv5re2_2

以前と同じようにドライバーを古いバージョンにすると一発でOK。ソフトが動くではないか!!
これでwin7,8.1をとっておく必要がなくなった。

Uv5re2_3

Uv5re3_4

ASPIRE 5750は本来WIN10のアップデートに対応していないものだった。そのためオーディオのドライバーと基本システムのエラーが出ていたが入れ替えるとOK!!エラーが消えました。

***************************************************************************************************************************追加: パート2に動かないパソコンがあるとのコメントがあり 
FMV-BIBLO LOOX R/C70  2009年1月製 で本来はVISTAが入っていたがSSD仕様で軽く持ち運びに便利なので古くても使える。今はWINDOWS 10を入れているパソコンに書き込みソフトを入れ試してみた。

FmvlooxAcerのノートと同じようにドライバーを入れ替えると動く、しかしケーブルを挿すUSBポートを替えると コメントにあったように画面が点滅しエラー。デバイスマネージャーで確認するとポートエラー再びドライバーの入れ替えをすると正常に動く。
ドライバーを一度入れ替えていても、次回に気の向くままに異なるポート挿すと画面の点滅エラーになるので決ったポートに挿すことにしよう。
試してみるとAcerのノートも同じことが起きることがわかった。

でも、UV-5Rの書き替えソフトはWINDOWS10でも動くこともわかった。
未だにwin8や10では動かないと堂々と書いてあるHPやブログがあるのでご用心。(今時XPしか持っていないのならしかたないか)

***************************************************************************************************************

【追加】 Windows 10 Fall Creators Update をするとドライバーが消えている

 デバイスマネージャーでは!マークで×
もう一度Prolificのバージョン 3.2.0.0を入れなおすと OK

ドライバーを入れるとgood

このusb-シリアル変換は ID-31Plusでも使っているので一安心。

windowsのアップデートはいいけど勝手に削除はこまるなー

.

2014年11月11日 (火)

UV-5Rのメモリー書き込みソフトはWIN7,8で動く!!パート2

UV-5Rのメモリー書き込みソフトはWIN7,8で動く!!のページhttp://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/index.htmlを見られた方から苦労した、方法が変わらないというコメントがあり、私もだんだん記憶力に自信がなくなり自分のためにもと少しわかりやすくやってみました。
参考になればと思います。前に書いたページは読み返すと確かにわかりにくいので参考としてください。

パソコンはwindows8.1 64bitが入っております。32bitでもwin7でも8でも同じだと思います。

パソコンを立ち上げ、メモリー書き込み用USBケーブルをつぎます。USBドライバーが勝手にインストールされます。(ほっておいてください)

UV-5Rのソフトウエアをインストールします。ここにVIPバージョンのソフトがあります。前に書きましたがVIPバージョンがあとあと便利です。
http://www.baofengradio.com/en/services.asp?BigClassName=Programming

ダウンロードしたsetupファイルを実行すると解凍されます。その中のsetupを実行するとインストールされます。
プログラムは立ち上がりますが実際トランシーバーと繫いで見るとエラーで動きません。

ディバイスマネージャーでポート(COMとLPT)をみると

Prolific USB-・・・・・・のところに 黄色の!が出てエラーとなっている。
Photo_6
クリックしてプロパティのドライバーのところを見ると
33jpg_4

前ページにも書きましたがこれじゃダメです。
日付 2007/07/31 バージョン 3.2.0.0 じゃないと動きません。

このドライバーはここにありますhttp://www.miklor.com/COM/UV_Drivers.php

このページの

33_2

からダウンロードします。

ダウンロードして

Photo_7
セットアップします。完了画面までクリックしてください。

これからドライバーの入れ替えをします。

デバイスマネージャーで 黄色の!のついてたProlific USB-to-Serial Comm Portをクリックしプロパティーを出し、ドライバーを選び、下にあるドライバーの更新をクリックします。
Photo_8
そうすると
Photo_9
 3.2.0.0が新しく入りましたので選択します。

Photo_10
で完了です。

試しにデバイスマネージャーで!マークが消えているのと。
Photo_11


の画面でドライバーの日時とバージョンを確認しておきます。

これでwin8.1でも動くようになりました。早速プログラムを立ち上げて

Proguramu
この画面からエラーなく設定できます。

何かあればコメントに書きこんでください。わかる範囲で答えます。

※まだ他のブログにはwin7,8では、このプログラムは動かないのでxpでとか平気で書いている人いるけど、動かないとの噂を信じているか7や8を持ってないだけか動くようにしてないだけと思うけど。。。。。。。いまどきxpとは。。。。。xp信者は別だけど。。。。。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※※追加 : Windows10への対応は パート3で 動きます。
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/uv-5rwin10-495b.html

2014年1月29日 (水)

ICOM IC-1200のバックライトのLED化

 ICOMの古い1200mHZのモービル機IC-1200の液晶のバックライトが切れたままにでしたのでLED化に挑戦しました。
 Led 何(十)年?も前に一度ランプを替えた記憶が頭の片隅に。。。
 この際,秋月の通販で3mmの電球色LEDと緑のキャップを購入(いるのは2個だけなのに)送料の方が高くなりそうなのであれこれついでに購入。
 外側と全面カバーをつけているねじをとると全面のユニットが外れます。ユニットの裏の小さな基板を外し,金属カバーのねじをとると基板の裏側が見えます。ここまで工具はドライバーだけ。
 液晶の左右の黒い部分の内側に麦球が入っています。その部Tochu2分の基板に丸い穴が空いており,2本の半田付けを溶かすと麦球がとれます。緑のカバーを外すとやはりランプが切れていた。


 そこにLEDと1kΩの抵抗を直列にしてつけます。抵抗は寝かしてつけLEDと直列にします。1kΩは適当??少し明るすぎたかな。適当な抵抗がないのでこれでよしとする。接続部に保護の熱収縮チューブをつける。
 Kibanあとはねじを逆順にしめて完了。

 もうとっくにメーカー修理対象外になっているRIGから,何年かぶりに緑色の光を出しています。生き返りました。
 LEDにしたためディマーが効かなくなりましたが,今までが真っ暗だったので気にしない。
 あとは年数が経っているけど,それなりに何とか使えます。
 もう一台同じIC-1200があるけどスケルチのVRがNG送受がバッチリできるけ どゴミ状態,ヤフオクにでもジャンクで出そうかな??部品取り用で持っていようShonenかな?