« ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) | トップページ | MD-380・MD-2017・MD-9600にコールサインの表示をする2 »

2020年7月14日 (火)

ID-31 PLUSのデーター転送自作ケーブルのPL2303ドライバー

ID-31PLUSのUSB-シリアル変換ケーブルのProlific 3.2.0.0 driver を再インストールする

久しぶりにID-31PLUSの設定変更をしようと自作のデーターケーブルをつないだら認識しない。

Photo_20200714090701Windows10のメジャーなアップデートをしてから使っていなかったので気がつかなかったWin10

以前にも書いたけど 昔から使っている自作のUSBーシリアル変換ケーブルは最近のドライバーではうごかない。

必要なProlific 3.2.0.0 driverが消えている。古いけどこれが必要!!

再インストールは久しぶりの作業で忘れないために再度書いてみた

以前にも書いたがProlific社PL2303のUSBシリアル変換ケーブルはWIN10でドライバーさえ入れ替えればデーター転送にはOK。win10の大きなアップデートがあると古いドライバーが消えてしまう。

昔のものだけどめったに使わないし単にCS-31PLUSでメモリーの設定をするには自作ケーブルで十分。
win10対応のものもあるようだけど・・・今更必要ない。

純正のケーブルは税込みで5.000円近くもする。色んな機能があるのかもしれないが高すぎる!!。本体価格と比べるとボッタクリ??
(china製のDMRのトランシーバーにはこんなケーブルほとんど付属している。別途購入しても600~700円位が多い)
Driver2_20200714001501

今回のようなWin10の大きなアップデートをすると最近のトライバーは自動で入るが古いドライバーが消えてしまうので以前やった方法で試してみた。

①Prolific 3.2.0.0 driver はここにあるhttps://www.miklor.com/COM/UV_Drivers.php 詳しく色々かいてある 

②Win Prolific 3_2_0_0 .exe をダウンロードし実行する


③デバイスマネージャーでドライバの変更をする

ポート(COMとLPT)→ProlificUSB-to-Serial Comm Port(COM3)  →ドライバー→ドライバーの更新→ コンピューターを参照してドライバーを検索(R)をすると

Prolific USB-Serial Comm Port バージョン3.2.0.0 2007/07/31が選択肢に出てくる→これを選べばOK!!

 

 

 

 

 

« ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) | トップページ | MD-380・MD-2017・MD-9600にコールサインの表示をする2 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

D-Star」カテゴリの記事

ID-31PLUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) | トップページ | MD-380・MD-2017・MD-9600にコールサインの表示をする2 »