« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月18日 (土)

MD-380・MD-2017・MD-9600にコールサインの表示をする2

DMR機にコールサイン,名前,QTHなどの表示をする

〇MD-380・MD-2017・MD-9600の3機種についてそれぞれブログに書いたけど忘れていたことが多くあったのでまとめてみた。
(細かい方法はそれぞれのところで書いたがデーターベースの取得先を変えたので)

〇DMR機はオリジナルのままだとID番号しか表示されないので味気ない。
コールサイン,名前などが表示できるのを知らなければDMRはこんなものかと思うけど・・・・

〇RADIO_ID , CALLSIGN, FIRST_NAME, LAST_NAME, CITY, STATE, COUNTRY がデーターとしてありリグに表示できる。

〇コールサイン,QTHのほかに苗字と名前の両方を表示させることを知り合いの局からあらためて聞かれたのでまとめてみた
 JAの局のデーターにはほとんど両方が載っている。

手順

①上記の全項目のデーターがあるデーターベースをダウンロードする。
 (FIRST_NAMEしかないものもあるので要注意.これじゃどう頑張っても苗字が出ない)

Userdb4

 当局はRadioID.netからダウンロードした。DATABASE DUMPS のページの

 user.csvが必要なcsvファイル。ここには他にも色んなDBがあるが全部は見ていない。

 何よりここのデーターベースは日々の登録IDの数の変化や総数が詳しく書いてあり常に新しいDBがダウンロードできる。

 当局がダウンロードした時は全部で16万局以上(国内の局は1300局以上)あった。


 〇データーベース(DB)をみるとUSAやJAなどの局は上にあげた項目がほとんど記載されているけど,

ヨーロッパの局を中心にRADIO_ID,CALLSGN,FIRST_NAME,COUNTRYだけのところが多い。

個人情報の保護??のようだけど・・・・個人的にはちょっとさみしい。


②CSVをエクセルで開くと確かにRADIO_ID ,CALLSIGN,FIRST_NAME,LAST_NAME,CITY,STATE,COUNTRY の項目が全部ある。
 
機種によって入るデーター数に限界がある。(MD-380は12万局,MD-2017,MD-9600は10万局なので全部は入らない)

どこを削るか悩むところ・・・

   行選択 →[Ctrl]+[-]キーUserdbname3

    codeplug_editorなどでも編集できるが一度に多くのデーターの削除などは遅くて使えなかった。

 CSVファイルを扱うのはやっぱりExcelが使いやすい。

④MD-2017とMD-9600はコードプラグ編集ソフトのCPS2017やCPS9600でcsvファイルを読み込んで本体に書き込む。これでOK

⑤MD-380は直接CPSファイルが読み込めないのでBINファイルに変換する必要がある。 DB編集ソフトMD380DEが簡単に使えて便利。

➡ このCSVをMD380DEに読み込ませてる➡ 保存するとMD-380用のBINファイルができる。

書き込みはToolzで使ったFlash Tool か Codeplug_Editor が使いやすいかな…

 

 

 

 

 

2020年7月14日 (火)

ID-31 PLUSのデーター転送自作ケーブルのPL2303ドライバー

ID-31PLUSのUSB-シリアル変換ケーブルのProlific 3.2.0.0 driver を再インストールする

久しぶりにID-31PLUSの設定変更をしようと自作のデーターケーブルをつないだら認識しない。

Photo_20200714090701Windows10のメジャーなアップデートをしてから使っていなかったので気がつかなかったWin10

以前にも書いたけど 昔から使っている自作のUSBーシリアル変換ケーブルは最近のドライバーではうごかない。

必要なProlific 3.2.0.0 driverが消えている。古いけどこれが必要!!

再インストールは久しぶりの作業で忘れないために再度書いてみた

以前にも書いたがProlific社PL2303のUSBシリアル変換ケーブルはWIN10でドライバーさえ入れ替えればデーター転送にはOK。win10の大きなアップデートがあると古いドライバーが消えてしまう。

昔のものだけどめったに使わないし単にCS-31PLUSでメモリーの設定をするには自作ケーブルで十分。
win10対応のものもあるようだけど・・・今更必要ない。

純正のケーブルは税込みで5.000円近くもする。色んな機能があるのかもしれないが高すぎる!!。本体価格と比べるとボッタクリ??
(china製のDMRのトランシーバーにはこんなケーブルほとんど付属している。別途購入しても600~700円位が多い)
Driver2_20200714001501

今回のようなWin10の大きなアップデートをすると最近のトライバーは自動で入るが古いドライバーが消えてしまうので以前やった方法で試してみた。

①Prolific 3.2.0.0 driver はここにあるhttps://www.miklor.com/COM/UV_Drivers.php 詳しく色々かいてある 

②Win Prolific 3_2_0_0 .exe をダウンロードし実行する


③デバイスマネージャーでドライバの変更をする

ポート(COMとLPT)→ProlificUSB-to-Serial Comm Port(COM3)  →ドライバー→ドライバーの更新→ コンピューターを参照してドライバーを検索(R)をすると

Prolific USB-Serial Comm Port バージョン3.2.0.0 2007/07/31が選択肢に出てくる→これを選べばOK!!

 

 

 

 

 

2020年7月 1日 (水)

ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3)

袋かけをしました

Hukuro2

ジベの2回目が終わると ぶどうの粒がきゅうに大きくなりだしました。

今年はジベの一回目と2回目の間に予備摘粒をしたおかげで袋掛け前の仕上げ摘粒は思ったより短期間でできました。

といっても摘粒は素人の適当な作業ですが,粒と粒の間は空けたつもりでHukuro3 摘粒を適当??に済ませました。

小さい粒の房より大きな粒の房の方が出来上がりが違うので思い切って落とす。

粒の不揃いな房・短い枝の房・一枝に2房のものを思い切ってバッサリ切りおとしました,全部で何百??房も・・・。

 

植えてから10年になる成長したシャインマスカット,安芸クイーン,瀬戸ジャイアンツは一本で350~380房位。まだかなHukuro1りつけすぎ?? 思いっきり落としたつもりだけだけど・・・

Hukuro4

摘粒が済んで袋がけの前の虫や病気の防除をしました。 

Hukuro2

掛けた袋の合計は1400枚以上もありました。(白,青の袋代も高くつきます・・・・・・)

昨年よりかなり増えました。

さて袋掛けの後は副梢が油断していると伸びるのでその整理が大変になりそう・・

病気や虫にやられず大きくなればいいが・・・・ 梅雨の晴れ間に消毒をしよう・・・

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »