« EOS 5D Ⅲ をwebカメラとして使う | トップページ | ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) »

2020年6月20日 (土)

ぶどうの摘粒をしています (2020年 №2)

ジベレリン処理終了!!ぶどうが順調に大きくなっています

Shai4ジベレリン処理も 1回目,2回目が終わり急に粒が大きくなっていきました。(でもフルメットが高い・・・)Shaji

昨年から今年の春にかけて雨除けを増やし整備したおかげで雨除けの中は目立った病気は出ていない。

しかし欲張って雨除けの無いところに伸ばした枝の雨に濡れた房はやはり黒とう病にかかりました。即バサッリと切って廃棄しました。

シャインマスカット,瀬戸ジャイアンツの雨除けがないところは全部切りました。

今年 初めて房をつけた木もあり 昨年よりかなり多くの房がぶら下がっています。早めに房数を減らさなければ・・・

ジベレリン処理の見分け時使ったクリップも 昨年の分では不足し100均で買い足しまShai2した。1本の木でも品種でも満開時期が異なるのでクリップの色は3日ごとに変えました。

房数がかなり増えた為かクリップがかなり不足し100均で買い増ししました。

でもクリップがジベ処理には欠かせない。カレンダーに色と品種を記録しておくと2回目の時期がすぐわかるのでgood。目立つ色分けをしておくと房を探すのも簡単。

 

Seto2 小さな房や形の悪いものを取って1回目と2回目のジベの間に予備摘粒をしました。畑を一回りするだけで大変・・・瀬戸ジKuripu ャイアンツの満開時期が遅かったので何とか作業が間に合いました。 

この作業もだんだん早くできるようになった。どうしても1回目のジベの前の房づくりを3.5cm以上に長く残したところが多く後の摘粒が大変。

2回目のジベが終わるとどの房も急に粒が大きくなりだしました。ほっておくとギュウギュウや長ーい房が沢山ある。

今は仕上げ摘粒の最中。35粒~40粒位これが大変!! 安芸クイーンは20数粒でもキツキツ。

不揃いな粒の房や傷のある房などはどんどん落としていますが何だかまだまだ房のつけすぎ沢山残りそう。思い切って減らさないといけないのは分かってはいるのだけども。

Aki Shai1Seto1Shai3 がけをすれば何房あるかわかる楽しみにしておこう・・・・

7月始めまでには何とかしよう・・・ できるかな??

 

Pio1

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

※※ 2020年 No.3 につづく

« EOS 5D Ⅲ をwebカメラとして使う | トップページ | ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) »

家庭菜園・ぶどうづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EOS 5D Ⅲ をwebカメラとして使う | トップページ | ぶどうの袋掛けをしました (2020年 No.3) »