« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月20日 (土)

ぶどうの摘粒をしています (2020年 №2)

ジベレリン処理終了!!ぶどうが順調に大きくなっています

Shai4ジベレリン処理も 1回目,2回目が終わり急に粒が大きくなっていきました。(でもフルメットが高い・・・)Shaji

昨年から今年の春にかけて雨除けを増やし整備したおかげで雨除けの中は目立った病気は出ていない。

しかし欲張って雨除けの無いところに伸ばした枝の雨に濡れた房はやはり黒とう病にかかりました。即バサッリと切って廃棄しました。

シャインマスカット,瀬戸ジャイアンツの雨除けがないところは全部切りました。

今年 初めて房をつけた木もあり 昨年よりかなり多くの房がぶら下がっています。早めに房数を減らさなければ・・・

ジベレリン処理の見分け時使ったクリップも 昨年の分では不足し100均で買い足しまShai2した。1本の木でも品種でも満開時期が異なるのでクリップの色は3日ごとに変えました。

房数がかなり増えた為かクリップがかなり不足し100均で買い増ししました。

でもクリップがジベ処理には欠かせない。カレンダーに色と品種を記録しておくと2回目の時期がすぐわかるのでgood。目立つ色分けをしておくと房を探すのも簡単。

 

Seto2 小さな房や形の悪いものを取って1回目と2回目のジベの間に予備摘粒をしました。畑を一回りするだけで大変・・・瀬戸ジKuripu ャイアンツの満開時期が遅かったので何とか作業が間に合いました。 

この作業もだんだん早くできるようになった。どうしても1回目のジベの前の房づくりを3.5cm以上に長く残したところが多く後の摘粒が大変。

2回目のジベが終わるとどの房も急に粒が大きくなりだしました。ほっておくとギュウギュウや長ーい房が沢山ある。

今は仕上げ摘粒の最中。35粒~40粒位これが大変!! 安芸クイーンは20数粒でもキツキツ。

不揃いな粒の房や傷のある房などはどんどん落としていますが何だかまだまだ房のつけすぎ沢山残りそう。思い切って減らさないといけないのは分かってはいるのだけども。

Aki Shai1Seto1Shai3 がけをすれば何房あるかわかる楽しみにしておこう・・・・

7月始めまでには何とかしよう・・・ できるかな??

 

Pio1

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------

※※ 2020年 No.3 につづく

2020年6月 8日 (月)

EOS 5D Ⅲ をwebカメラとして使う

最近web会議システムのzoomを使う機会ができた

Eos5d3_20200608054501一眼レフのEOS 5D3がwebカメラとして使うことができ ないか調べた

時節柄検索するとwebカメラ関連の情報がいっぱいあるので参考にやってみることにする

①ビデオキャプチャーを使う。

パソコンに動画を取り込むにはキャプチャーがいる。
Capture
早速Aliexpressで調べると $45.63
/ 4,983円+送料103円
だったので購入した。

内の通販にも同じものがあったが高いところでは3倍ぐらいの価格がついていた。高すぎ・・・・    品物は同じように見えるけど何かが異なるのかな????

 カメラのHDMI出力をHDMIの入力に接続しUSBをパソコンにつなげばすぐzoomで認識した。

zoom以外にもパソコンに動画を取り込めるので何か活用してみよう。

 

EOS Webcam Utility Beta を使う

 キャノンUSAがリリースしたユーティリティーが他のハードなしでcanonの一眼レフをwebカメラとして使うことができると話題になっている。ブログやHPもたくさん解説レポートがあるので試してみた

ソフトの対応機種一覧にあるのは最近の機種のみ。EOS 5D3は対象外。 EOS7Dもあるがこれも古いので対象外。

残念と諦めるところだが 5D4を選んでインストールしてみる。Photo_20200603144201

EOS5D3をUSBケーブルでつなぐとOKバッチリ使える。EOS7Dも使えた。ラッキー!!

EOS Webcam Utility Betaは 対応機種以外にもcanonの一眼レフなら使えるのかな????

対象機種に載っていないので何か不都合があるのかはわからない。どこにも書いてなかった。

細かいことは分からないが私がZ00MのWEBカメラとして使うにはUSBケーブルをカメラとつなぐだけで認識するので簡単。

マイクは無線機用に購入した中国製の200円位のコンデンサーマイクが沢山あるのでその中から試したらバッチリ使えた


③ iphoneをWEBカメラとして使う

iphoneでiVCamをインストールすればWEBカメラとして使えるとネ ットにあったので早速使ってみる。

Iphone5s 今はsimも入れていないジャンク状態のiphone5sが活用できればとインストールして立ち上げるとzoomで簡単に認識した。

USB接続の方が安定して使えた。wifiはカメラを動かすのに便利だけどなぜか時々途切れた。

課金に¥1,220いるが制限なく使え便利。普段使用中のiphoneXsにもインストールしたら一度の課金で2台ともつかえた。

5sは小型なので三脚以外に手持ちでも使うのも簡単で便利。画質もいい。ケースから出すと扱いやすい。

しばらく使っていると5sがかなり熱くなった。長時間の使用に心配ないのかな・・・・??(やらないけど現用のXsだと心配な位熱い???)


④ 市販のwebカメラを使う
Webcamera

 知り合いにAliexpress でWebカメラの購入を頼まれたのでついでに購入してみた。

送料込みで3,300円だった。ドライバーもなしで簡単に使える。

 

※当初の目的であったzoomでweb会議に参加することができた。

EOS5D3をWEBカメラとして使う二つの方法キャプチャーを使っての画質と接続とユーティリティーでの画質の比較は分からないがどちらの接続でも一眼レフの使用範囲が広がった。

机の上で使うには卓上用のしっかりした三脚必要のようだZoom

画質はズームも簡単にでき高画質の5D3が最高!! 据え置きで使うには場所はとるけどベスト。

iphoneやwebカメラは画質は5d3にかなわないが簡単に使うことができた。

色々なカメラで遊べそう・・・・

 

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年7月 »