« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

マキタ HP2032 振動ドリル のスイッチ交換をする

主に畑のアースドリル用に使っているドリル(マキタ HP2032 )のスイッチが壊れた。

数年前にヤフオクで購入した中古品ながらアースドリル用として使うには正逆Makita5  回転ができ,回転力があるので重宝していた。

便利に使っていたがトリガースイッチの引く部分がポロッととれた。断面を見るとプラスチックの付け根が割れている。

強く押し込めば使えていたがすぐ取れるようになった。畑のなかにバネが落ちれば探しにくいので修理することに。
Makita4
ブドウ棚や豆類の支柱やトマトの雨よけのパイプの地面への穴開けには欠かせない道具になっている。


Makita3 近くにあるマキタの営業所に現物のドリルを持っていって部品があるか聞いてみる

まだ現行の機種なので部品があります。明日には入りますとのこと。さすが営業所早い!!

何年も前のものが未だに現役の国内のメーカー品を使っててよかった。と改めて思う。
Makita2Makita6
スイッチの部分が全部一体になったもので3,400円+消費税とのこと。高かったけど・・・・・・・

ドリルの握りの部分のネジを外せばすぐ取り替えができるとのこと。

これ位はすぐできるだろうと注文。明日には入りますとのこと。プロ用で使っていると壊れる部品なのだろうか。

部品が来たのでネジを外してみるとスイッチがすぐ見えた。ケースの中には埃が入っていた。Makita1 

スイッチははめ込んであるだけですぐ外れた。

回転速度、回転方向をかえる配線が全部で10本ある。配線の穴のそばのストッパーの穴に細い線を入れるとすぐ外れた。

配線はほこりを取るときれいだったのでそのまま使えた,1本1本きれいにしてそのまま位置を間違えないように順番に新しいスイッチに差し込んでいくと簡単に取り替え完了。

再びスイッチをケースにはめ込みふたを閉めて終わり。

試運転をするとバッチリこれでまだまだ当分使えそう。修理完了!!

 

 

 

 

openSPOT3を購入する (その1)

1: openSPOT3を購入する

DMR機が増えたので何か使い道はとネットを見ているとopenSPOT3が発売されたとあった。

HPを見ているとDMRやD-Starで簡単に使える。DMR⇔D-STARなどのcrossモードも簡単にできるなどのの宣伝文句につられて物好きにもポチッとて注文した。

価格と送料は€で表示だった、PayPalで支払う。配送はDHLとなっていたが国内の途中から?佐川急便の配達だった。

当初の支払い以外に2700円(関税+手数料)を着払いで払う。(made in chinaのDMR機やMMDVMなどでは関税は払ったことが無かったのでより高額なものになった)


2: openSPOT3の保証申請をJARDにする
Photo_20200228145401

無線機として堂々と使用するにはJARDの保証を受け増設の変更申請がいる。

ネットには必要なブロック図は検索してもなかった。海外では必要ないのだろう・・・・

JAの申請向け?の「openSPOT3 datasheet for Japan application.pdf」が準備されており見ると定格などの他にブロック図もあった。

OS3全体の構成がブロック図でかいてあった。今回の機器の申請には送信部が必要なだけで不必要な部分もある。

各ブロックの働きのみで肝心な使用チップの名称は記載されていなかった。
ネットには蓋を開けた写真もあるがチップ名までは判別できない。

現物のケースを開けてみた。小さなケースにいっぱい詰まっていた。チップ名はすぐ見えてわかった。 ”百聞は一見にしかず” のとおり 

トランシーバー部は以前に申請したDVMEGAやJumboSpotとチップやTCXOが同じだった。

送信機として必要な部分のブロック図を抜き出して書き、チップ名や周波数を追加してできあがり。(今回はイラストレイターを使った)

A4版の下半分が空いたので以前に使ったDMR・D-Star・C4FMの諸元の表を貼りつけてJARDに提出した。

20mW出力でも保証料4,100円がいる。何とかならないものか・・・・・・・前回のMD-2017の申請と一緒にすれば良かったかな??

三日後にはJARDから保証したとメールがある。 書類がきっちりしていたのか??同じOS3の申請が多いのか??処理が早いのでビックリ ⇒ 早速申請書に保証書をつけて総通に提出した。


2_20200228145401
3: 設定をはじめる

 設定画面やそこにあるマニュアルは全部英語だけども丁寧に細かく書いてある。

全部読むには多すぎる。印刷するよりあっちこっちとリンクがあるしwebで翻訳しながら見る方がいい。

パソコンを2ディスプレイで使っていたので設定画面とマニュアルを表示して見ながらするとやりやすい。

順番にやっていけば設定できそう。訳しても意味の理解できないことが多い。すこしずつやっていこう。

いろいろなモードが使えるが手持ちはDMRとD-Starだけ

 

※※※追加※※※ 

 ネットで確認すると総通に提出して2日後には審査終了になっていた  ここも早い!!

 書類がきちんとしておればこんなものかな・・・・・

 ◎QSO中に申請について聞かれても堂々とOS3について話せる。%&#※△×?とごまかす必要がない!!

 ◎これで落ち着いていろいろ設定ができそう  (その2)に続く

 

※※その後,openSPOT3の申請が短期間でOKとの話を知り合いの3局にしたら,ブロック図が欲しいとの連絡がありメールで送る。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

※※openSPOT2 (その2)につづく

 




 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »