« MD-2017で外部マイク&内蔵スピーカを使う (その8) | トップページ | openSPOT3を購入する (その1) »

2020年1月29日 (水)

MD-2017用K型2ピン変換アダプタを試す (その9)

◉MD-2017用オーディオアダプタでMD-380用マイク(K型2ピン)を使う

MD-Mic7380用の今までの2ピンのマイクが使えればハンドマイク、ディスクトップマイク、モービルマイクなどの利用範囲が広がる。Mic5

本体のコネクタにネジ止めすれば、ケンウッド用2ピン互換のKプラグが使えるMotorola用のアダプタを購入してみた(911円)。

これなら少々接触不良になってもMD-380のように本体を分解する必要が無い。

アダプタのカバー開けてみた2ピンのジャック部分は簡単な作りで接触部はすぐ見える。接触不良が起これば接点復活剤を吹こう。だめならアダプタごと取り替えるのが早そう。

Mic12


◉使用してみて


◯MD-2017に早速2ピンのマイクを接続して使用してみる。バッチリOK。簡単簡単!!

マイクの音質・ゲイン、スピーカーからのAF出力も問題なし。Mic11

以前にも書いたがMD-380用のSP/MIC端子はKタイプ(Kenwood用)やBaofengのUV-5R用などとしてAliexpressでマイク用品が安価で多種類あるので利用範囲が広がる。

(その7)で書いたように3.5/2.5mmのプラグを別々に挿すより延長コードを使って2本一体で同時に挿す方が接触不良になりにくくL型で場所も取らず本体にスマートに挿せてていい。手持ちの延長コードが2mと長すぎたので短いのを探そう。Mic61

マイクの延長コードを使えばカールコードで本体が引っ張られることもなくデスクトップ運用でも本体の置き場所が広がる。

つつくのに予備のアダプタを買っておこうかな・・・・ 


☆★☆追加☆★☆

※※Kプラグ(Kenwood)用ヘッドセットを試してみる

Mic15ンドマイクはOKだったのでKプラグの耳かけ式のヘッドセットがあったので試してみた

マイクは耳より15cm位のフレキシブルのコンデンサマイクで口元に近づけられる。

SPは小さなSPが耳かけ部についている

PTTは押しボタン式だけだったがレバースイッチと差し替えられるようにした。長く話すときはレバースイッチが両手があいていい。

QSOしてみるとマイクの音質・感度もいいみたい。SPからもOK。

パソコンを使いながらのQSOがしたい時はハンズフリーでキーボードやマウスを使いながらできるがいい。

(その7)で作ったモービルマイクのPTTと同じプラグにしたのでモービル運用もして比べてみよう。

 

 

 

 

 

 

« MD-2017で外部マイク&内蔵スピーカを使う (その8) | トップページ | openSPOT3を購入する (その1) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

MD-2017」カテゴリの記事

DMR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MD-2017で外部マイク&内蔵スピーカを使う (その8) | トップページ | openSPOT3を購入する (その1) »