« ぶどうづくりが忙しくなりました(2019) | トップページ | ぶどうの袋かけが終わりました »

2019年6月28日 (金)

Panasonic DMR-BZT730のHDDを交換した

    Panasonic のレコーダDMR-BZT730のHDDが壊れた

電源は入るもののメニューも出ないし録画もできないDiskのトレイの開閉もできない。      

唯一動くのが番組表➡USB接続のHDDには録画できる➡録画一覧から再生もできる。

一度はメニューが見えたようだけどもうImg_06992ダメ。本体のHDDあたりでギコギコおとがして動かない。
スタートボタンを押してもダメ。HDDが壊れるとこのようになるようだ。操作するメニューが一切出ない。

3チューナー,2TのHDDと当時は高価だったけど便利に使っていたのが突然の故障。買い替えるのはもったいない。

ネ  ットを見るとこの機種はHDDの交換が比較Hdd2的簡単にできるらしいので挑戦!!

単なる換装ならコピー機を使えばできるようだが本体のHDDが壊れたのでこれはできない。

この機種用にフォーマットしてあるHDDの中古をヤフオクで買ったとかいうのも見たがどんなものか・・・・・・????。

IOデーターの3TのUSBーHDDを予備に買って繫いでいたのでこのHDDを利用したらできるのではとHDDの交換に挑戦してみることに

早速レコーダー本体の蓋を開け,全面パネルを外すと2TのHDDが入っていた。

このHDDの代わりに3TのUSBHDDからHDDを取り出し付け替えてみる。

 Img_43821 これが正解!!HDDが正常になったのか電源を入れるとメニューもでてくる。トレイの開閉もできる。電源を入れた時HDDのチェックをしているみたい

USBのHDDが内蔵用の交換HDDとして使えることがわかった。

HDDが異常とのメッセージも出たがHDDの管理メニューからフォーマットメニューも出てきたので内蔵用のHDDとしてフォーマットをすると正常に使える。

内蔵用HDDは初期のフォーマットがしていないとメニューからフォーマットできないことがわかった。
Img_43771

 

故障した内臓の2THDD➡3THDDに換装ができた。故障修理 & 容量増量が一度にできた。

こんな故障のために 正常に動くうちに余分なHDDをUSB接続でレコーダーに接続しフォーマットしいつでも使える状態にしておくことがポイント。

  USB-HDDとしてフォーマットをしていないと付け替えた時内臓HDDとしてフォーマットができない。

ということで余っていたHDDをIOデーターのケースに入れUSB-HDDとしてフォーマットしておいた。Img_43811

後でHDDのコピースタンドで試してみたらOK。これが簡単に接続できてフォーマットができた。

色々なHDDで試してみたら160G以上ならUSB-HDDとして使えるようだ。

 

いつまたHDDが壊れても内臓用として置き換え新しいHDDを一度USB-HDDとしてフォーマットし今回と同じ様に換装できる。こんなHDDをヤフオクでは売っているのかな・・・・???(中古のHDDで作れば売れるかな・・・・・)

メーカーに修理に出すと今時1万円では済まないだろう。数万円はかかるのなら??新機種を購入したほうがいい・・・・それが手持ちで解決 何でもDIY,録画時間も増えて満足。

 

 

 

 

 







 

 

« ぶどうづくりが忙しくなりました(2019) | トップページ | ぶどうの袋かけが終わりました »

家電・エレクトロニクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶどうづくりが忙しくなりました(2019) | トップページ | ぶどうの袋かけが終わりました »