« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月27日 (土)

MD-380のマイクコネクタのトラブル (その26)

    ※※※MD-380 マイクジャックのトラブル


●MD-380にスタンドマイク・ハンドマイクを常時つけていて時折USBケーブルでFWやDBの書き換えをしていた。


MD-380の一台にマイクコネクタを抜いて本体だけで使おうとすると内臓SPから音声が出ない。内臓Micから入力ができないトラブルがでてきた。なるほど別のリグでモニターしてコネクタをゆすってみると出力・入力ともに途切れたり全くでなくなったりする。

●データーケーブルも同じような現象がある。FWやDBの書き換えに失敗したことがある。書き換え中に途切れてハングアップしたのだろう。

◎このコネクタ一は一度接触不良になるとダメみたい(まさに中華品質)。今はコネクタを強くゆすって小康状態??内臓のSP・Micはほとんどダメで外部SP・Micを使うようにしている。

一度リグの中開けてみるかな・・・・2.5mmと3.5mmどこが不良かコネクタの接点が見えればいいが・・・・見えないかな?昔使っていた接点復活剤でも吹きかけてみるか・・・・・・

 
ネットに修理パーツとして互換パーツがあった。

ジャックが$3.99と高かった。USAからの送料は分からない。(似たようなものが国内では数十円??)

キットで$29.99高すぎ??? それだけMD-380が売れているんだろうな・・・・・
https://www.banoggle.com/tyt-md-380-replacement-3-5mm-mic-jack.html

本体ごと買い替えた方がいい?? 

どなたか買ってみないかな??もっと他を探してみよう・・・・
Chinaのショップなら安いかな・・・・・??

でも素人に取り換えできるかな?? OR 文鎮づくり?? ➡➡➡やめとこかな??
もうやってみたという局いないかなあ・・・・


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その後,小康状態だったり,マイク,スピーカ共に途切れがでたり安定しないので

マイクジャックの取り替えに挑戦 

接触不良が起こり動作が不安定なのでジャックの取り替えに挑戦することに

2.5mmのジャックは国内の通販を探しても見つからない・・・・・(よく探せばあるだろうが,知っている人いないかなーーー)
Jack_1

以前とは別のChinaのショップに2.5mmと3.5mmのセットが $5.95(691円)と少々ボッタクリ?高いけど送料込みなので探す手間も考えて購入した。(香港からAirMailで10日程で到着した)

3.5mmは国内の共立の通販(78円)のものと同じ形状だったので使えそう


早速 分解開始
・分解にはトルクスドライバー(2種類)と十字ドライバー,はんだごてがいる
Img_06122 
・ケースの裏のねじ4本と上部のANT・VR・スイッチのナットを外す。Img_06102

・ケースが二つに分かれるので開けて フラットケーブルのコネクタとSPのコネクタを外す 

・基板がねじ止めされているのでドライバーでねじをとる

・横のPTTスイッチの基板がトルクスレンチで留めてあるのでねじを取る(ケースより小さいのが必要

・ANTコネクタから基板につながっている芯線のはんだ付けをとる(吸い取り器がいる)

・これで基盤がケースからとれる

 取り換え前に3.5mmと2.5mmのプラグを挿してみると3.5mmは新品と比べるとかなり緩かった。2.5mmも少し緩かったImg_06222_1

 Img_06152 MIC(3.5)・SP(2.5)とも不良が出ていたので両方を取り替えることにする。

●ここからハンダごてで交換作業

 ジャックの脚の近くに他の部品やパターンがあるので注意して作業(恐れるほどではない)

 基板の両面からのハンダなら厄介だったがジャックの脚は片面からだけのはんだ付けだったので,
 手動の吸い取り器でハンダをとり。小さなドライバでこねると基板からすぐ取れた。

 2.5mmのジャックは高さを合わせるためか少し基板から浮かせてあるのでハンダを取る前に隙間を確認しておく。Img_06172_1
●取り換えが済んだら分解の逆順で組み立てる。
●電源を入れテスト。コネクタに外部マイクを挿すと前よりかなりきつくピチッと留まる。少々ゆすってテストしてもマイク・スピーカとも異常なし。
 
USBケーブルも挿してみる。以前よりきつくピチット入る。前のようにぐらつかない。

●修理完了!!  と 自己満足!!
 
 ★ MD-380はソフト・ハードとも物好きにはおもしろいリグ??しかも安価だから全世界で使われているのかな?
    
      ソフト・ハードがこんなにつつけるリグは国内ではない。当局は気に入っている。
  まあつつくのが嫌な人は国内メーカーがいいかな・・・・当局もID-31Plusもあるけど面白みがないすぐ飽きる。高すぎるし2台目を買おうとは思わない。 
  
   ★ LCD,スイッチ,VR,ケース,コネクタ,つまみなどなど色んな物がある。国内のリグじゃこんなのない.
    国内メーカ機ならたぶん修理代ビックリするぐらい取られるだろーなー。中華と違ってJA品質なら初めからこんなトラブル起きないから心配ないか・・・・いや起きるか???
   
 ◎1号機の修理でMD-380の分解の仕方も習得した??ので2号機の予備部品としてコネクタの安いもの探してみよう・・・・・
 
     

2019年4月19日 (金)

MD-380のChannelの並び替え・挿入などの編集する(その25-2)

      MD-380のChannelの編集(並び替え・挿入)が簡単にできる。

 MD-380のcodeplugの channel設定はTYTのCPSMD380ではMD-9600(MD-2017)のようにCSVファイルとしてExcel で編集ができない

MD-380に一度設定したチャンネルの順番を入れ替えたり,連続したチャンネルを挿入したりがMD-9600のようにCSVファイルとしてExcelで編集できればと色々やってみたが簡単にはいかない。(何とかできたが手間がかかり過ぎるのでブログも削除した)

 DMRはさすが世界標準??2015年の発売開始の機種だが今もって現役?色々検索すると情報がたくさんある。その中でDMRのCodeplugの編集ソフトが2つ見つかったので試してみた

● DMR Codeplug Editor
       https://g7rvh.com/tyt-md-380__trashed/codeplug-editor/

  ( その後ここにはもうないようです)

  ※※DMR関連の情報がたくさんあるここにリンクがあります
        http://www.miklor.com/DMR/

● DMR Contact Manager  
       http://n0gsg.com/contact-managerEditor22

 

 DMR Codeplug Editor  

   起動するとオリジナルのCPS MD380と設定項目は同じようだが表示の異なる画面が出てきた。CPSMD380で編集に慣れていると項目名は似ているので分かりやすそう。
 
 タブを押して表示画面を切り替えてみた。各画面とも色んな設定項目が増えているように見える。 (全部は比べていない)


 ① Channel設定,Digitalcontact,Zoneなどの画面にcsvファイルのImport/Exportや↑↓順の変更,挿入削除などのボタンがある。(これだけでチャンネル設定が楽にできる)

  チャンネル順番の入れ替えや挿入だけならExcelは不要で簡単にできる


  rdtファイルを読み込んでcsvファイルにしてExcelで編集するimport/Export機能がある。(MD-9600と同じ機能)  
 

     CSVファイルで一覧表にすると設定全体が確認でき,設定ミス探しが簡単にできるし,連続したチャンネル設定などは簡単にできる。

 ②その他にもDMR IDのDownload機能があるのでpriveteチャンネルの設定が多い場合はIDを調べるのに便利がよさそう。
 Editor11

  ※ その他にもいろんな機能や設定項目があるが全部は試していない。

  とにかく多機能なソフトということが分かった。
  

 ③最初からCPS380を使わずにもできそうだが色々設定の解説や言葉の意味がネットにあるTYTのCPS380に慣れてDMR無線機の設定項目の意味が解ってからの方が初心者にはいいかも。

  DMR Codplug Editor  は画面の文字が小さくごちゃごちゃと設定項目が多すぎる(多機能)ようにみえる(個人的な感想) 
  慣れもあるが出来上がったファイルの確認はオリジナルのCPSMD380の方が画面がすっきりしていて確認しやすい気がする。

※ MD-9600にも対応しているので使ってみよう。                   

※※ とにかく初期の目標は達成した!!しばらく DMR Codeplug Editor   を使おう。



 多数のPriveteのチャンネルの設定も簡単にできる

 priveteチャンネルの設定をするのに一々相手のIDを調べて一局づつ入れることもできるが数局ならいいけど,このソフトの機能を使えばデーターベースから簡単にできる。まあ暇に任せてキーを打つとという選択もあるけど・・・・・・・

海外ではその地域のcallやリピーターの入ったCPSファイルもダウンロードできるようだがJA版はまだ見かけない。

登録方法 ----- このソフトにはこれを簡単にする機能がある。

①まずDigi Contactsにデーターベースをダウンロードすると130,000局全てのデーターがダウンロードされる。多すぎるのでJA分のCSVファイルを作り読み込めば1000局位と少ない。

②JA全局を登録するのは多すぎるので(Contacts1000局分が上限のよう?)必要な局分のみを選択して左←に登録するとJAの必要な局のコールサインとIDが登録されるたDigi Contactsが出来上がる

③Channel設定でCallなどを登録しTx Contacts欄で先ほどのContactsからCallを選べばよい。(一度に多数の局の登録はCSVファイルでコール・周波数などの設定をコピペしておくと早く出来る。CSVファイルのContacts欄はコールじゃなく登録順のようなのでインポートしてから選択して登録する)

④コールサインとIDはいちいちキーボードからの入力の必要なし。これでPriveteチャンネル設定が楽にできる。

 

   
DMR Contact Manager

 MD-9600の時書いたがまだ使い方がよくわからない。試しにMD-380のrdtファイルを読み込んで,csvファイルで編集して書き戻してみたらファイルの値が一部壊れた。なぜかわからない。

 初期設定か使い方が悪いようだ。色々な機能があり詳しいマニュアルもあり設定できるのだろうがDMRが初めてのものには難しすぎるのでやめた。(また試してみよう)   

 


  

   

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »