« MD-9600を使ってみて (その20) | トップページ | MD-380でモービル運用を始める  (その21) »

2019年3月 3日 (日)

テーブルの製作 ①

テーブルの天板と脚になる材料を無料でもらったのでDiyで作ることにした。

板と脚は共にタモの集成材でできている。表面も硬くテーブルには最適。脚は取り付け部は80mm角の少々太いもの。共に重量があり重い。

Img_04902Img_04862

丸く装飾加工してある太い脚は本来は他用途の柱か脚のようだけど短くすればテーブル用の脚と使える。小さなテーブルには立派過ぎる。

普段は不良品?として木工会社では廃棄処分のようだが素人にはどこが悪いかわからない。何よりな高価な材料にみえる。ありがたく利用しよう!!

天板は大きすぎると部屋に入らないので1000mm×600mmの板に切った。テーブルなのでトリマーで角を面取りをして丸くした。

脚はテーブルの高さが70cmmになるよう切断した。

Img_04892テーブルと脚の接合は専用の金具が無かったのでHCで2×4用の穴の開いた金具が(170円位)であったので流用した。幅が80mmでピッタリ合った。


天板とは木ねじでの接合なのでいつでも取り替えられる。
不用になれば脚をとれば保管しやすい。

天板の裏には反り止めと補強のため端材をつけた。

Img_04992組立前に裏と脚に水性塗料を塗った。

脚と天板を木ねじで接合した。

組立後,天板の表面の塗装をして完成。

Ldoo99482Muzh02992

天板の簡単な素人加工に比べて脚が立派過ぎる。まあいいか・・・
でも脚がしっかりしているので安定感はgood?

今回の出費は金具4枚と木ねじだけ,安上がりにできて自己満足!!

天板を厚板で大きなものにすればもっと高級なテーブルができそう。でも置き場所がない!! 加工技術がない!!

まだ材料がある次回はどんなものをつくろう・・・・・

« MD-9600を使ってみて (その20) | トップページ | MD-380でモービル運用を始める  (その21) »

DIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルの製作 ①:

« MD-9600を使ってみて (その20) | トップページ | MD-380でモービル運用を始める  (その21) »