« MD-380のFWの再インストール (その23) | トップページ | MD-380のChannelの並び替え・挿入などの編集する(その25-2) »

2019年3月26日 (火)

MD-380・MD-9600のあれこれ1 (その24)

MD-380やMD-9600を使ってみてのあれこれ①~④

①※※ MD-380のスケルチ調整 

 
QSO中に”受信ののLEDがついているのに音声がでない”で困っているとの話があった。

●この症状にはサービスメニューのopen SQLの値を大きくしてみたらと伝えたらーーーーー>みごと的中,直ったとのことです。よかった。受信(スケルチ)不良の対策のひとつかな・・・。

このSQLの値はDMRとFMのモードで最適値が違うので

DMRは Normal(SQL1)でする。(例えばOpen・Closeが(98・90) 

FMは Tight(SQL9)でする(例えばOpen・Closeが88・80)ように分けてOpen・Closeの値を設定してCPSでどちらかを選べば効果的にできるようだ。数値は個体差があるので受信しながら試してみてからするのがいい。
●TYTの仕様の似ているMD-9600でもトラブルが出てきたらやってみよう
●FMはノイズが多いのでスケルチは深めに設定していないとスキャンがノイズで止まることがある。DMRはよくわからない
 


② Pi-Star(Raspberry Pi)のIPアドレスの固定は簡単に設定できる


Pi-Starの設定でWifiアドレスが固定できないとか,IPアドレスが変えられないとか のトラブルetc QSO中にもラズパイのアドレスが変わってPi-Starのダッシュボードがアドレスを調べないと出ないとの話も聞く
ーーーーー>ネットにはPi-Starなどのソフトにコマンドを入力してラズパイのアドレスの固定なんてのもあるようですが・・・・・・・私のようなど素人には難しい???? コマンドの意味の分かる方には簡単なのだろうけど私には無理無理 ついていけない

 まさかソフトを入れ替えたりSDを入れ替えるたびにコマンドで設定?ーーーーーーー>コマンドの意味も分からないのに1台でも一回でもするのはど素人には無理無理!!ましてや何台もやりかえるなんて・・・・・・???やろうともおもわない!!

ラズパイのIPアドレスをPi-StarのSSHでコマンドなど意味も分からずどっかからコピーしてきて打つことなくど素人でも簡単に固定する方法がある。

機器側でIPアドレスの固定ができない時,素人に簡単にできるのはルーターにラズパイなど固定したい機器のMACアドレスを登録し好きなアドレスを決めればOK。(当局のはNTTのRT-500MIではDHCP固定IPアドレス設定の項目 だだし50台までです・・そんなにないか)

◎有線でもWIFiでも超簡単!!コマンドなんていらない!!ラズパイなど 機器側の設定は不要。

何せNTTのルーターはメニューが日本語でよくわかる・・・
●JumbospotやDVMEGAのIPアドレスを固定しないとPi-Starのダッシュボードを使う時は固定しておかないとトラブルが起きる。

●ラズパイなどIPを固定したい機器が何台もある場合は適当に分類してアドレスをわかりやすく設定しておけばSDを替えても停電があろうとも接続順を替えてもアドレスの重複などのトラブルもなしでアドレス固定ができる。

webカメラやそのほかIPアドレスを固定したい機器を登録しています。家中のネット関連機器のアドレスを系統的に管理でき便利。
IPアドレスの固定機能がある場合はいいけど停電などがあるたびにDHCPで適当にやっているとムチャクチャ。

192.168.1.10は何何,50番台は何何,30番台は何何とか自分好みに分類し一覧表に印刷しておけばいつでも分かりやすい。
 
●ルーターが古ーーーくてできない時(NTTで取り換えてもらうのも方法。最近のものの方がスピードも速くなるかも??)は別に付けたWiFiルーター(当局のTP-LINK Archer C9ではアドレス予約の項目)でもできるようです ルーターのメーカーによって設定方法は違うかも。でも設定項目は今時のルーターならある。

●この方法でアドレスの固定では不都合なことが起きるような高級な使い方はしない(できない)ので今のとことこれでいい。

Ipadress 

 

③※※ MD-380 外部電源アダプタのトラブル

12Vのアダプタは外部電源入力のないDMR機には便利なアイテム。常時使うには欠かせないものだが,知り合いの局からこのアダプターから50MHzなどにノイズが出て困った中を開けて長いジャンパー配線があったので短くしたら止まったとのメールがあった。

当局は3台(ホーム用2,車用に1)あるので隙間にドライバーをいれて中をあけてみた。
Photo
なるほどど基盤は似ているがジャンパー線は全くなかった。

メーカ?によって基盤は小さいのから大きな基板のものから配線もまちまち。コピー品のオンパレード??

レギュレーターや抵抗類もいろいろある,配線もまちまち,入力の線の位置も真下があったり,ほとりがあったりいろいろあることを確認した。基盤はどれもホットボンドで止めてあるまさに中華品質!!

どれが当たるかは勝手からのお楽しみ???

Img_05862バラしたついでに入力の線が充電スタンドに立てて使うと底から出るいるコードが邪魔になりスムーズにスタンドに入らない。そのせいかもう取り出し口の部分の外皮が破れて芯線が見えているのもあったので,取り出し口を上の方に開けかえた。

これでスーッとスタンドに収まり線も傷めない。3台共破れないうちにやり替えた。はんだ付けのあとはホットボンドで固定?(中華品質に倣って)

でもまだMD-380で外部電源が使えないと困っている局もいるみたい。ちなみに海外のDMR機には国産機みたいに直接外部電源入力コネクタがないものが普通??

1,000円以下なのでぜひ揃えたいオプションの一つ。購入時にオプションで外部電源アダプタがあるかどうか確認して購入しないと・・・・物珍しさだけでは ホームでの固定運用やモービル運用で困ることに・・・

Li-ion電池も取り替えできるのがあるかどうかも確認しておくことも必要。(当局は予備も購入しました。付属の充電器は時間がかかる)






④※※※Toolzでバックライトが点かなくなったトラブル

当局は経験はないが,これもよくあるトラブルのようでレベル0で設定するか何かの拍子に消えた時元に戻すコマンドはないのでキーを打つしかない
MD-380が2台あるとかローカル局が持っているとかすれば比べて見ながらできるが1台しかない時は

①一つの方法として
 メニュー上矢印(ユーティリティ)
  メニュー上矢印(MD380Toolz)
  メニュー上矢印5回または
                   下矢印12回(バックライト)
  メニュー(低レベル)
  メニュー上矢印2回(レベル8)
  確認
これで直ればOK
②もう一つの方法
メニュー上矢印
メニュー
メニュー下矢印3回
メニュー(Always)
確認
①②どちらかでバックライトが点けばOKです
●正常な時に練習しておくと役に立つかも・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※※ MD-380,MD-9600についてトラブルでお困りの方情報交換をしましょう。コメントでどうぞ。メールアドレスは公開されませんので遠慮なく

« MD-380のFWの再インストール (その23) | トップページ | MD-380のChannelの並び替え・挿入などの編集する(その25-2) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MD-380のFWの再インストール (その23) | トップページ | MD-380のChannelの並び替え・挿入などの編集する(その25-2) »