« NextionDriverの再インストール (その22) | トップページ | MD-380・MD-9600のあれこれ1 (その24) »

2019年3月21日 (木)

MD-380のFWの再インストール (その23)

※※MD-380 FWの再インストール

MD-380の一台が待ち受け時や受信中に突然リブートする。リセット状態になりTyのロゴから再起動する。つまみを回してもチャンネルが変わらないフリーズ状態になる。とかの不具合が何かの拍子に出てくる。何時もじゃないが安定性に欠けるのでFWの再インストールをしてみた。

MD-380はToolzを入れてコールサインやQRA・QTHなどの登録情報が表示されていたので気に入っていた。

久しぶりにFWの再インストール

TYTのオリジナルのFWからもう一度試してみる。メーカーのサイトにはMD-380用に幾つかのバージョンがある。

色々試してみる。ディスプレイの起動時のWelcomeをはじめすべてが上下反転の画面になったりもした。ネットにも情報がありこの現象はMD-

380のFWの入れ替えで上下反転だけではなく鏡文字になったりすることがあるようだ。正常な画面のバージョンでやめておく。

調子に乗って試すのもほどほどがいいと実感する。ハードのバージョンでも違うのか相性が悪いものもあるようだ。いい経験??・・・

①TYTオリジナルはWelcomeが元に戻ったところで使うとどうも味気ない。コールサインなどの情報がないのでさみしい。

②次にToolsを試してみる。すんなり入ったが,どうもまだ物足りない?

③好みによるがやっぱり慣れた画面がいいのでToolzを入れてみる。個人的にはやはりこれがいい。

Img_05832Img_05822


◎①②③とやってみた。どれでもDMRには出られる。好きなものでいいのでは。暇つぶしには最適???? 色々つつけるのがMD-380のいいところ??悪いところ??

◎しばらく使ってみてトラブルは起きない。何かが悪かったのだろうがわからない。まあいいか・・・
とにかく調子が悪かったら 一度FWを入れ替えてみるのも 一つの方法ということはわかった。

何度かやっているとどうもトラブったら 当局の場合はToolz→Toolzの上書きではダメでTYTオリジナル→Toolzの順に入れ直すのがいいみたい・・一件落着!!解決!!
★★★トラブったらメーカーFWに立ち返るが一番。上書き上書きはダメということも分かった。

以前にも書いたが(   http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/index.html)
FWやDBのアップデートはTytera Flash Tool V1.08cを使った。いまでもべーター版のままだった。

« NextionDriverの再インストール (その22) | トップページ | MD-380・MD-9600のあれこれ1 (その24) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NextionDriverの再インストール (その22) | トップページ | MD-380・MD-9600のあれこれ1 (その24) »