« テーブルの製作 ① | トップページ | テーブルの製作 ② »

2019年3月 5日 (火)

MD-380でモービル運用を始める  (その21)

予備に購入したMD-380とJumbospotをモービル用に使うことにした

モービル中にMD-380を持ったり,小さな画面を見るわけにはいかないのでNextionのディスプレイをつけることにした。モービル運用では細かな情報は不要で基本的な画面で大きな文字でコールサインが見えればいい。

Img_05012_3Img_04812

以前購入した2.8インチのTJCのディスプレイを使うことにした。

ディスプレイの設置場所はセンタートレイを使うことに。本来は小物入れでこの中にはUSB2.1Aが2つと12Vの電源がある

Img_0476120cm位のUSBコードがあれば十分つながるので丁度いい。

蓋をするので他のコンセントが使えなくなるが我慢。
最近の車は他にもUSBや12Vが取り出せるので良しとする。

MD-380用の12Vはセンターコンソール内の12V電源を使うことに。

MD-380に外部アンテナとマイクの延長コードをつければ操作しない時はこの中に納めれば本体は外部から見えなくなる。2.8インチだけでQSOの確認は十分!!

ディスプレイの取り付けは以前使った黒のアクリル板をトレイの大きさに合わせて切り2.8インチの穴を開けた。(アクリル板の加工Img_04252もトリマーで簡単にできた。ピッタリサイズでgood)

このパネルの裏にJumbospotとラズパイZWをつけた。

不要の時はこのパネルごと外せば小物入れとして使える。

Img_05122ディスプレイの横にラズパイゼロWの電源ON-OFFのスイッチをつけWiFiが繋がらなかった時などのリセット用にした。

ラズパイZWには電源スイッチのパターン(RUN)があるのでトグルスイッチをつけた。これによりUSBのコネクタを抜き差しせずに簡単にリセットができる。

データー通信はモバイルルーターにDMMの480円のデーターSIM 1Gをつけた。。。。(auのiphoneのテザリング(500円)より安く使いやすい??)

※※使ってみて

〇黒のアクリル板で車のパネルの黒と合っていて見た目もいいし,余分な配線などが見えず見Img_05142た目もgood。

〇MD-380をコンソールに収納すればハンドマイクだけになりスッキリ!!

〇外部アンテナをつけたのでチャンネル切り替えでローカル局とのDMR・FMでの5Wシンプレックス運用もgood。


Img_05172

« テーブルの製作 ① | トップページ | テーブルの製作 ② »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MD-380でモービル運用を始める  (その21):

« テーブルの製作 ① | トップページ | テーブルの製作 ② »