« MD-9600 でスタンドマイクをつかう  (その19) | トップページ | テーブルの製作 ① »

2019年2月17日 (日)

MD-9600を使ってみて (その20)

◎MD-9600を使ってみて

・何と言ってもHighPower!!デュアル機

144・430MHzの2バンドでパワーの実測をした。
430MHzではHighで30W(公称45W?)からLow2.5Wまでの4レンジ。144MHzはHighで50Wだった。
Power計の誤差もかなりあるのでは・・・・裏メニューで変えられるがやめておこう

・ローカル局とのDMRのシンプレックスQSOはFMと違ってノイズもなくクリアな音声でFB。

・内臓スピーカーは音質がよく音量も十分(5W)。SPを塞がなければ外部SPはいらないみたい。

・デュアル機なのでTG用とローカル用の2ch同時ワッチできるのがいい(DMR・FMどれでもOK)。 chごとにHigh/Lowなどの細かな設定ができるので超便利

・チャンネルスイッチがぐるぐる左右に回せるのがいい。MD-380は回せない。

・一つのZoneで64ch登録ができる。(380は16ch)

Img_04632Img_04592_4

・メモリch以外にVFOがA・B2つありU・V・MR・VFOが自由に設定ができる。

・プログラムケーブルは背面にミニUSBコネクタを挿すので抜き差しせずにいつでもFW・CPS・DBの書き換えができる。(本体側は挿しっぱなしでいい。MD-380は面倒)

・ch設定(連続した周波数など)がエクセルで簡単にできる。


・モービル機なのでつまみやスイッチが大きく使いやすい。シャックの棚に固定したので本体が動かず操作がしやすい。
ホームでの運用はハンディー機より使いやすいのがgood。

・P1-P4のスイッチはZoneやパワーなどの機能やchを選んで登録できる。(短押しと長押しで8つの設定ができる)

・文字のフォントが大きいのでモービル運用では見やすいがMD-380と比べるとLCDの違いで表示できる情報量が少ない。→→そのうち新型??が出そう・・・・・??

・モービル運用には国内メーカーのようにディスプレイが分離できれば使えるが今の車じゃ置くところがないのであきらめる。
リボンケーブルの配線延長できないのかな・・・・・

・蓋をあけてハードはじっくり見てはいないけど,当局にとってはとにかく普段のQSOには十分すぎる機能である。コストパフォーマンスにも満足。


※MD-9600の情報がたくさんある


DMR機 MD-380,MD-9600は海外のサイトにも色々な情報がある。

”I can't figure out any other way to revive this paperweight.”と"文鎮化して困っている"とか,"Dual なのにシングルバンド”になったとか,”周波数が設定できない”とか,”送信はできても
受信ができない”とか様々なトラブルで困っている局も多いみたい。

でもそれらの解決策???があちこちに書いてある。
これがDMR機の面白さ??いざという時の参考になる。


Factory3 ①Factory Software
"CPS MD9600を使う前にこのソフトを使ってモデル,周波数範囲のロック解除,VFO機能の有効設定をしなさい"とかいてある。(モデル設定のリセットでもするのかな・・・??)

②"CPSのパスワードのリセット"の方法も書いてあった。

何かトラブルの時には役立ちそう参考にしよう!!

MD-9600やMD-380の画面のアイコンの説明もある。アイコンの意味も解らず使ってた・・・・!!知って納得!!

CPS MD9600の使い方についての解説も多いいが,DMRが初めての当局にとって言葉の意味さえ翻訳しただけでは分からないことの方が多い。

MD-380の設定さえわからないのにMD-9600は機能が増えたので設定項目がより多い。
でもまだ何の設定でどう変わるのかもわからないところも多い。

« MD-9600 でスタンドマイクをつかう  (その19) | トップページ | テーブルの製作 ① »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MD-9600を使ってみて (その20):

« MD-9600 でスタンドマイクをつかう  (その19) | トップページ | テーブルの製作 ① »