« MD-380 のLow Power をカスタマイズする (その15) | トップページ | MD-9600でコールサインの表示をする   (その17) »

2019年2月 4日 (月)

MD-9600(144・430MHz)を購入し設定をする(その16)

DMR・FMモービル機 MD-9600(145MHz:50W 430MHz:45W)を購入した。このリグは以前に書いたように申請して免許ずみ。これでペーパーライセンスが解消した。

96001_296002_2

例によってAliexpressから31,800円 (送料込み)DHLでの発送だったので注文から1週間できた。早い!!
(DHLにすると別途10,000以上も必要なshopもあるので要注意)

(MD-380の3倍!高いか!安いか!??????・・・・・)

2バンドのハイパワー機でV・U・UU・UV・VVのモードがあり・・・・デュアルワッチができるので便利

 

◎プログラムを始める・・・・・

Md96002 [430-440MHz][144-146MHz]を設定する。これでオフバンドなし。

CPS設定ファイルはMD-380と互換性があるようで,読み込めるので周波数の設定の手間が省ける。

CPS MD9600はコンタクトとチャンネルのリストが保存できる(importとexportのボタンがある)ので簡単にいろいろ試すができるので便利

UUでTGとローカルQSO用の設定がいいかな?同時受信ができる。 

 

※※MD-9600はチャンネル設定にエクセルで編集できるCSVファイルが使える

エクセルで編集できるCSVファイルがそのまま読み込み書き込みに使えるので設定内容編集が簡単にできるので簡単にチャンネル設定ができるのがFB!!

※※一度作ったチャンネルの順番を替えたり,途中に挿入したり,連続した周波数を作ったりの編集も簡単にできる・・・・のがいい。

これはMD-380では新しいチャンネルを一度作ったチャンネルの間に挿入したり,チャンネル順の変更は初めから入力しないとできなかった。

(2015年発売でもう古いのかな??持ってはいないがMD-2017も同じ様にCSVファイルが使える。MD-9600とCPSファイルは共通で同じものが使える)

●一度エクセルで編集するともうMD-380の設定が面倒で仕方がない。

 

-------------------------------------------------------

◎DMR Contact Manager

当局の必要な設定は今のところCPS MD9600とエクセルだけでもできるがネットを探すとDMR Contact Manegerがある。

これを使えば色々な機能や設定の変換や編集ができるようだ。まだ使っていない。

http://n0gsg.com/contact-manager/

Contactmanager_3

色々な機能があるようだがよくわからない。使うのは慣れてから???

DMR関連にはいろんなソフトがあるものだと感心する

 

 

 

 

 


-------------------------------------------------------------------------

※※(その17)につづく
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/post-51e3.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« MD-380 のLow Power をカスタマイズする (その15) | トップページ | MD-9600でコールサインの表示をする   (その17) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MD-9600(144・430MHz)を購入し設定をする(その16):

« MD-380 のLow Power をカスタマイズする (その15) | トップページ | MD-9600でコールサインの表示をする   (その17) »