« MD-9600 のLow Powerをカスタマイズする (その18) | トップページ | MD-9600を使ってみて (その20) »

2019年2月12日 (火)

MD-9600 でスタンドマイクをつかう  (その19)

◎MD-9600マイク用RJ-45-8Pin変換コードの製作

 

MD-9600をシャックで使うにはハンドマイクも多機能でいいけど,少し重いし,PTTも疲れるのでQSO中に両手の空くスタンドマイクがいい。

 

調べてみるとMD-9600のRJ-45のピン配列が分かった。

MD-9600でゆっくりQSOしたいのでMD-380と同様に変換コードを作ることにした。

 

Henkan_2Rj45pin

リグ側はLANと同じ8pinのモジュラー(RJ-45)なので安価。

部品は 8pinの中継用オス,マイクコード,RJ-45コネクタ

コネクタに簡単なブーツがあった方が保護と見た目がいいかな。

Stand2_2Hand

◎配線をする

・MJ-45側からは①~⑥の6本配線した。(MD-9600のハンドマイクも⑦⑧は空いていたのでNC。

・マイク側の8pinのメスはPTTとMICとGNDの3本にはんだづけした。
Img_04422
・使用するヤエスのマイクでは3.3Vは不要なので切った。3.3VでOKのマイクなら接続?

・テンキーの信号用の2本は不要なので切った

・マイク用の+5VはUSBアダプタで別途加えることにした。

・RJ-45のカシメは専用の工具を久しぶりに使うと簡単確実にできた。Img_04442_3

マイク用の芯線とシールド線も心配なく圧着できた。

普段のQSOでよく使うVR,BAND,chは本体にスイッチがあるのでスタンドマイクで十分。

 

MD-9600は6段階でマイクゲインが調整できるのもgood。

 

早速 ローカル局とDMRでQSOするとノイズもなくFBな音声とのことで安心する。Hi45W出力でも回り込みなどがないことを確認した。
スタンドマイクはヤエスのMADE IN JAPAN だけのことはあるかな

 

このスタイルがゆっくりQSOするには最適。QSO中に両手があくのでパソコンを打ちながらできると自己満足!!  完成・・・・

 

TYT MD-9600  Microphone Adapter Cable 8 Pin to Modularなんて名前つけたら売れるかな???・・・・・
 
※※もし必要な方おられましたらコメントでどうぞ(メールアドレスは公開されませんので連絡します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« MD-9600 のLow Powerをカスタマイズする (その18) | トップページ | MD-9600を使ってみて (その20) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MD-9600 でスタンドマイクをつかう  (その19):

« MD-9600 のLow Powerをカスタマイズする (その18) | トップページ | MD-9600を使ってみて (その20) »