« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月19日 (土)

MD-380 のLow Power をカスタマイズする (その15)

※ ローパワーの出力を測ってみる-----→ 大きすぎる??

MD-380の出力を測定してみるとLowでも定格は1W 手持ちのPower計でも1W位は出ている。 1-2m位しか離れていないJumbospotやDVMEGAには入力が大きすぎ受信部は飽和状態では??Img_03382
少し離して置いても0.1Wもあれば十分??(数mWでもOK?)

これを下げればスプリアスも下がりパソコンのSPやマイクに回り込むリスクも減るのでは・・・・・・と

かといってダミーをつけて出力を変える?のでは情けない・・・・
”ANTじゃなくダミーでやってます??”では無線機じゃなくなる??。
こんな局いないよな--------もともとがlow powerじゃない!!

TGでQSOの時だけLowPowerで0.1W以下にし,ローカル局とQSOするときはHiの5Wでやりたい。

◎これができればHightとLowをchごとに設定すればハンディー機として便利に使える。


※ローパワーのカスタマイズ

ここでネットで見つけたのがTYTのMD-380には設定がカスタマイズできるサービスメニュー(隠しメニュー??)があり自由に変えられるということ

https://radioaficion.com/news/md380-low-power-mod/ 

早速やってみる ことに このメニュは MD380の色々な設定がかえられる。項目の意味は分からないところが多い。


※テストモード(サービスメニュー)に入る

①パソコンとUSBケーブルで繋ぎ,CPS設定プログラムを立ち上げる。

②初期画面のまま Ctrl+t を押すと MD-380からデータを読み込んだテストモードという設定された数値の表の画面が出てくる。
(ch設定などの他のデーターは読み込まない)

これがMD-380個々に設定されたテストモードの数値。(個々の数値の意味はよくわからない・・・勉強中?)

③まずつつく前に読みだした値をデフォルトとしてパソコンに保存しておく。
1goulowpower58
この値は機種ごとに調整がしてあるようで??当局の2台も値が異なっていて大きく違うところがあるので使い回しはできない。

※この値を保存せず変えて失敗すると元に戻せなくなり文鎮リグとなるのでいつでもデフォルトに戻せるようにしておくことが大切。念のためファイルだけでなく画面の印刷もしておいた。

④パワー以外にもスケルチとかMICとかいろいろな設定が変えられるようであるが今回は”Tx Low Power”だけにする。他はつつかないこと!!

DMRモードでは測定できないので測定前にFMモードのch設定をする。
今時の高級なパワー計ではDMRもOKなのか知らないが手持ちの〇十年前のものはダメです。

早速 Power計をつないで2号機のLower Powerの出力を測りカスタマイズしてみることに(約1W)
長いこと使っていなかった3W/15Wのパワー計がこんなところで役に立った。

修正入力(E)のボタンをおすと項目ごとに色々 変えられる画面が出てくる。(画面の数値を直接変えてもできる)
2goulowhenkou
ch5の Tx Low Powerがデフォルトで87だったので試しに57にしてみる

⑤書き込みボタンで本体に書きこむ

◎438MHzで1Wだったのが0.1W以下になったのでOKとする。・・・・・・・目的 達成!!

ただし431や433MHzではまだ0.3W位,数字を小さくすると438MHzが小さくなりすぎる。
438MHzだけ0.1W以下になったのでこれでOKなのだが,必要ないけど430-440までバンド全体では変更がカバーしきれていない。

ch3,ch4の値も57にしてみるとこれがOK,ほぼバンド全体で0.1以
下 になることがわかった!!(数値は個体によって違いますので・・・)

Img_034731⑥他の設定項目の数値は意味がよくわからないので今回はパス。
”数値の変更はあくまでも自己責任でやろう”

⑦今回の目的:MD-380のlow powerのカスタマイズはハードの改造もなくソフトでできる!!が結論でした。
1号機もやってみよう!!

2019年1月10日 (木)

Nextionディスプレイ(4台用)パネルをつくる (その14)

Img_03061
Nextionディスプレイが4台となりバラバラでは見た目が悪いので4台用のパネルをDIYですることに!!

前面のパネルは黒の2mm厚のアクリル板でImg_02751
することに
(ヨドバシの通販でアクリルキャスト板 黒 2×300×450 を1,350円送料込みで購入 近くのHCを探し回るより楽なので)

支える台は板で取り敢えずやってみることにする

※※アクリル板の加工※※

3.5インチと2.8インチの四角の切り抜きをどうしようかと思案する。4個もくり抜くのでまさかドリルで連続した穴を開け糸鋸で切りやすりで仕上げる昔からの加工は自分の力ではきれいにできないし手間がかかる。

以前のブログにトリマーテーブルについてに書いた(http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-1f39.html)ときの工具等があるので素人でもなんとかなるのではと・・・・・・

アクリル板に図面を書いて早速やってみることにする
Img_02821
トリマーは電子制御で無段階にスピードが変えられるので最低速度で試してみることにする。

※※切断※※

早速トリマーをトリマーテーブルに取り付け手持ちの6mmのエンドミルで切断をしてみるとOK。(テーブルがなくトリマーだけでは私の技術ではむり)

ネットの中には溶けたり割れたりすることもある??とあったがその心配は全くなし(まさか木工用のビットを使ってのことか?????),エンドミルは切口もきれいな直線でそのまま使える。(ピカピカに仕上げる必要はないので)

(アクリルカッターで両面から溝をつけ割るとか糸鋸できるとかとは大違いの仕上がり)

定規にしたシステムクランプは位置を合わせてテーブルに確実に留まるので直線切りには欠かせない。アクリル板を押し当てても動かないのでクランプと平行に寸法通り切れる。

回転数が小さいので心理的にも作業の危険Img_03231性が少ない。回転数を変えられたのがgoodかな。(安全のため保護メガネはかけて作業しました。)

※※切り抜き※※

切り抜き用には太すぎるので2mmのエンドミルをアマゾンで購入した。(uxcell エンドミルカッター2mm×4本組み 991円)一本でよImg_02981
かったのに・・・・また予備が増えた????

※※久々のトリマー一式の活躍。道具は準備しておくものだ。使わないのと使えないのでは大違い・・・・・トリマーテーブル,システムクランプが特に役に立った。

材料が2mm厚なので切断中の抵抗もなく材料を送ることができ思ったより簡単に4つの窓を切り抜くことができた。

エンドミルが2mmなので細かな切り抜きにも使える。

システムクランプでは無理なところはスライドの送り定規を使った
(これも冶具を作っていたのですぐ使えた)

とにかく材料の案内定規がしっかりしておれば素人でもなんとかなるし安全に作業ができる。(手持ちでだけで材料を送るのは失敗のもと??)

Img_02911Img_02901_2

※※仕上げ※※

切り抜いた後は現物合わせで微調整をすればOK。
四隅はどうしても2mmのアールが付くのでやすりで仕上げた。切断面は見えないし,直線できれいだったのでやすりも紙やすりもかけなかった。かえってガタガタになりそうだったので・・・・・

最後取り付け用の穴を開けてアクリル板の作業は終了。

※※板の加工※※

取り付け台は板に2mmのエンドミルでアクリル板の入る溝を掘っただけの簡単設計。作業も簡単!!Img_02951_3

早速 個別のケースに入れていたパネルを取り付けて板にはめ込んでみる   完成!!!

Img_03141
パネルにタッチしてもぐらつかないし4台の納まりもいい。

思った以上に見た目がいい・・(DIYの仕上がりに自己満足!!)

パネルが黒なので後ろの色々な配線が見えなくていい。

Pi-starのSDカードの取り出しやnextionの書き換えなどを考え今回はDVMEGAやJumbospotはケースのままパネルの後ろに置いておくことにした。

棚の上に置いても,机の上に置いてもOKどちらにしようかな??机の上に置く場合は上面に蓋をつけようかな・・

※※2mmエンドミルはアクリル板なら自由に切れる。残りのアクリル板でなにかつくろー・・・・・丸鋸用の角度の変えられる定規があるので工夫すれば直角以外の加工もすぐできそう 

-------------------------------------------------------------

※Nextionドライバーのトラブル※

2台目のJumbospotに繫いだNextionの表示が変わらなくなったのでPi-Starのconfigを見るとDriverディスプレイ欄のportがいつの間にか設定変更はしていないのにnoneになっていた。
何が原因かわからないので入れなおしたらOK。
microSDのバックアップはとっておいてよかった。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※その15につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/md-380-lowpower.html

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »