« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年7月

2018年7月26日 (木)

3.5インチ NX4832K035をDVMEGAで試す (その11)

Nextionの3.5インチ NX4832K035 がAliexpressに注文してから7日で到着。何かとタイミングが良かったのかショップの処理が速いのか。とにかく早く来たので早速試してみることに。

3.5インチは480×320ドットなので 今までよりより細かな表示ができそう・・・・

Img_41981_2Img_42291_3

ネットを探すと3.5インチ用に対応したレイアウトのファイルも沢山ある。

色々探して試しているうちに今までは単に表示機能だけのものだけだったが,Nextionディスプレイ本来の特徴であるタッチ機能を使ったものを開発中の記事があった。

Pi-StarとNxtionの信号のやり取りのためにPi-StarのmicroSDに追加のドライバー(Nextion-Driver by ON7LDS)がいる。

PD0DIB局によるNextioドライバーのHOW TO INSTALLが役に立った。

早速DVMEGAで試してみた。ドライバーのインストールは丁寧に書いてある手順書に従ってコマンドを打って再起動する。
ドライバー入ったかどうかをPi-Star のconfigで確認することも書いてあったのでやってみるとOK!!
これで新しいレイアウトを使う準備ができたと書いてあった。

QSO中にNextionのフェイスブックに開発途中ではあるが一部が試せるPA0ESH局のスクリーンレイアウトが発表してあるとの情報を頂いた。

フェイスブックを探すとあったのでさっそくダウンロードしてやってみた。

Img_41971_2Img_42341


完成すると画面にボタンを配置してタッチすると色々な操作ができるようである。非常におもしろい。3.5インチなので画面も押しやすい。

画面が大きくドット数が2.8インチの2倍ありグラフィックが非常にきれいで情報量も多く表示されるのでgood。

今でも画面のロゴがボタンになっていて押すといくつか画面が変わる・・・・・・・タッチパネルの機能がいくつか試せる。

Img_41901_2mmdvmのスタート,ストップ,OSやFWのアップデート,TXRXのオフセットやCPUの温度表示などのボタンもできていた。

QSOしている局のコールサインの下に2局のQRA・QTHが表示される。
名前がスクロールしてわかりやすい。
まだ使えないがLHのボタンもあり9局分のLHの表示もタッチで切り替えてできそう。

今までの画面表示の周波数はエディタで書き替えていたけど自動で読み取って表示してくれるのもgood。

このボタンを使ったレイアウトは先ほどのPD0DIB局も作っているようでまだまだどんな機能が付くか知Img_42451_4らないけど,単なるユーザーとしては先が楽しみ。

完成版が出るまで2.8インチにLHを表示させ2画面を並べて使ってみることにする。

試しに画面切り替えのボタンをエディタで追加してみたら簡単にできた。当分遊べそう・・・・

2.8と3.5用のNextionのケースが着たので取り付けてみた。裸で置くと裏側が心配だがきれいに収まった。表もベゼルの穴がぴったりでgood。

Img_42471_4microSDカードの抜き差しもできる。使わないけど電池の穴もある。2.8インチはアクリル板に付けているので後でつけよう。取り付けねじも付いて2-300円台であるので作る手間より簡単でいいかな・・・・

前回より少し太いAWG24のコードで延長ケーブルを作ってみた。線がばらけないよう切った収縮チューブに通しておくときれいに収まった。

線が前回より太いので切れる心配もなく出来たgood。ローカル局にも作ってあげよう・・・・・(精密圧着ペンチPA-09は必需品??)

Img_42501Img_42491
※コネクタ100組は全部は使いきれない。(カバーが100しかない??失敗するからいいか??)次回のミーティングで要る局にあげよう・・・・

2018年7月21日 (土)

2つのNextion ディスプレイをつける   (その10)

引き続きNextionについてネットを見ていると1台DVMEGAなどに複数のディスプレイをつけそれぞれ別々の画面を表示させているのを見かけた。ネットには全部をケースに入れて組み立てているのもあった。

※試験的に2画面の接続をバラックでやってみることにした。

Img_41421ネットの写真では詳細は分からなかったのでNextionからの4本の線を単に並列につなぎ,それをUSB-TTL変換アダプタ経由でDVMEGAに繫いで試してみることにした。

RX・TXのピンを並列につなぐだけでOKなのか不具合があるのかどうかはわからない。がとにかくやってみることに・・・・・

並列にするには基盤を使わずに二股になるよう♂♀のコネネクターをつけて分岐コードをつくる方法もあったが基板Img_41691_2
にヘッダーピンをつけて並列につなぐアダプターを作ってみた。これなら3画面用もすぐできそう。

試しにTJCには普通のコールサイン等の表示(以前のもの),NXには8行のLast Heardの表示をすることにした。(DMRモード専用)

単に並列だけで動くかと心配したが接続して再起動すると2画面にそれぞれの表示がでた。OK!!

LHは8行のうち最新のLHだけスクロールしてわかりやすい。2.8インチの画面なので文字の大きさは仕方がない。

Img_41601LHはDMR専用なので他のモードの時は無駄になる。

しばらくこれで様子を見てみよう。

JumboSpot用のディスプレイがなくなったので3.5インチを注文した。


※追加

JumboSpotに直接Nextionをつなぐのには線が短すぎるのでGPIOの延長コードを作ってみた。
オスメスのコネクタのカシメにはロビの電源製作時に購入していた精密圧着ペンチ(PA-09)がピッタリあった。Img_41951

コネクタはAliexpressでオス・メス・カバーが各100個で合計しても300円以下,少々失敗しても安い。

使用した線がAWG28で少し細かったのでカシメたあと薄くはんだを流しておいた。強く引っ張ると切れたので少し太いAWG24の線に取り替えよう。

線が長くなったので3.5インチが来ても置き場所の自由度が上がった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(その11)につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/35nxetion-c559.html

2018年7月 4日 (水)

NX3224T028 をJumbo Spot・DVMEGAにつける  (その9)

NX3224T028 (英語版)を購入した

※Nextion Editorで周波数表示の書き替えをした。

Nxtjc_4NX版のレイアウトはホント色々ある。基本的な表示項目はどれも似ている。

前回同様,周波数とコールサインの修正に取り掛かる。
英語版のエディターなので作業はどのレイアウトも比較的簡単にできた。

※NXとTJCをアクリル板を台にして見やすい位置に並べて付けた。状態がパッと一目でわかりgood。
見た目はそっくり。
(安上がりコースは1,500円,簡単コースは2,200円ということかな??)

※とにかくMD-380のLCDの小さな文字より大きいので離れていても見やすい。スクロールしてLast Heardの表示があるものにしてみた。

※表示の仕組みは分からない。聞いても全く理解できないだろう・・・・

DstarDmr4Bluedstar_2

だだエディターで背景の画像やテキストの変更や文字の位置や色などが変えられることは分かった。

※Jumbo spotとDVMEGAでGPIO接続とUSB接続をNX版とTJC版で試してみた。どの接続もOKだった。

※写真のようにマイクロUSB-USB変換コード,USB延長コード,USB-TTL変換アダプタ(91円)などを準備した。

※USB接続の方がコードが長いので設置場所の自由度が高そう。
GPIOはコードが短いので4ピンの延長コードを作る必要がある。簡単な延長コードがあるかな・・・・・・??

Usbdvmega_4Photo

※ NX版TJC版の2台を同時に表示させて様子を見てみよう・・・・・・・・・リグにスイッチが入ってなくてもカラーの画面でコールサインが大きな文字で見えるのがいい。別々のTGやモードを設定しておけば同時に表示ができそう。24時間つけっぱなしにしてみるかな・・・・

※Nextion Editorの使い方を調べている時How-to-build or modify your Nextion® Screens for MMDVMHostというサイトがあった

https://www.hamdigitaal.nl/download/algemene-informatie/NEXTION_Tutorial_v2.03.pdf

英語版ながら丁寧に書いてあった。その中に画像の編集機能がないので別のものがいる。フォトショップCS2(無料版)を使っている。他のフォトエディターでもできると書いてあった。

※以前にも書いたがこの程度の作業なら無料のCS2がホント便利。
何台にでも入れられるので予備のパソコンに入れるのに最適(イラストレーターも無料であるのでgood)

Ja4fcv3202404_2◎試しに待ち受け画面をつくってみた。
イラストレーターで作ってフォトショップでjpgに変換してサイズを合わせれば比較的簡単にできた。修正も簡単にできる。

誰に見せるわけでもないし自分で見て自己満足するだけの画面だけど次はモードごとの画面に挑戦かな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(その10)につづく
http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/nextion-2-1f93.html

2018年7月 1日 (日)

家庭菜園のぶどう・メロンが大きくなっています(2018-No.1)

※今年(2018年)もぶどうづくりをしています
畑に植えている安芸クイーン,シャインマスカット,ピオーネ,瀬戸ジャイアンツの袋掛けが終わりました。

房づくり・摘粒はいい加減な素人の作業まあこれぐらいかなと適当に(適切に?)した・・・・・・・・・。

残念ながら(半分予想通り??)雨除けのないところのシャインマスカット・瀬戸ジャイアンツ・ピオーネは黒とう病になりました。〇〇〇房以上捨てました。残念!!。

昨年は傘だけでなんとかOKだったところもあるけど。今年は傘かけが遅れたのか消毒が遅れたのか天候かわからないけど難しいことがわかった。

安芸クイーンは同じ雨除けのないところでもほとんど病気にかからなかった。ホント難しい。

来年は雨除けを増やすかな・・・・・(暇な冬の間の作業としよう・・・)


◎シャインマスカット

雨除けの下のシャインマスカット順調に大きくなってきた。楽しみ・・・・
Img_4102Img_4088_2

◎安芸クイーン

多くの房をつけすぎましたがこのまま様子をみてみよう・・・我ながらホントつけすぎ・・・・また色がつかないだろうな…
Img_4099Img_4101

◎瀬戸ジャイアンツ

ジベレリン処理が他の品種より二週間ほど遅かったけど雨除けの下は順調に大きくなっている。大きくなーれ・・・・
Img_4086Img_4105

◎ピオーネ
まだ木が細いので房の数や大きさもそれなりに・・・

Img_4104_2


◎ピオーネ・巨峰
カーポートの下のピオーネも今年は順調。巨峰にも袋をかけました。

Img_4117_2Img_4114_3


※これから病気や害虫にやられずに大きくなれば8月の下旬には美味しいのができるかな・・・・・ 早めの防除が欠かせないかな暑くなるけどがんばろーーー。


※メロンも大きくなっています

4月の中旬に"緑肉ネットメロン”と書いてあったパンナという品種の接ぎ木苗を植えました。

トマトと同じ雨除けの中に植えたので今のところ病気にもかからず実もつき大きくなってきた。

つるがのび脇芽や増えたり実も付き過ぎたので整理した。

2本仕立てにして2×2の4個取りにした。

実も大きくなってきてネットが出始めものもある。

紐でつるすだけではちぎれそうになったのでネットで吊るしました。

葉やつるがネットができるまで持てばいいけど。。。。。。

順調にいけば〇〇個できる予定と・・・・・・大きくなーれとせっせと水やり?。

Img_4107_2Img_4109

« 2018年6月 | トップページ | 2018年10月 »