« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月26日 (火)

Jumbo SpotにTJC3224T028(Nextionもどき)のディスプレイをつける(その8)

TJC3224T028(NX3224T028もどき?)をJumbo Spotに繫いで使うことに挑戦

MD-9600を検索している時にNextionのディスプレイをJumbo Spotに繋いでコールサインなどの情報を色々なレイ996a5255アウトで表示している動画やHPが多くあったのでやってみることに

試しにとAliexpressで2.8インチの画面で安価なのがあったので買ってみた。Nextionとは何かも詳しく調べもせず送料込み1,500円で買ったのが TJC3224T028 という中国語版のパネル。

外見はNX3224T028にそっくり(まさにもどき)
電源を繫ぐとサンプル画面は出るがAliexpressのサイトにあるように中国語で解らない。

996a5262ネットを探すとTJC版についてのレビューなどに”これはNextionではない,これを買うと往生するよとか”China board”とか”Unfair sellers sells a chenese version of the nextion”とか書いてある。

全くその通りでNXのデーターはTJCでは使えないしその逆も使えない。コピー品対策か??(ホント往生しまっせがピッタリ。)

もっともネットにあるTJC版用のtftファイルを使って表示させるだけならエディターもいらない。ファイルをダウンロードしてマイクロSDにコピーするだけですぐ使えた。これは超簡単!!(動作確認には最適)残念ながらTJC用のレイアウトは一種類しか見つけられなかった。でも1,500円ですぐ表示ができたのは安上がり!!



◎パネルの動作確認ができたところで気になる表示の修正に挑戦する。

そのままでも使えるが表示される文字や背景などを変更するにはエディターがいる。

動作に関係ないけどいつも表示されている周波数を書き替えることにした

TJC版にはUSART HMIという中国語onlyのエディターがある。Nextion版を中国語版にコピーしたようなもの?かどうかは知らないが画面配置は全く一緒のエディター。これを使うしかない。

漢字に似ている字の中には意味の見当のつく字もあるので英語版と比べながら何とか完全ではないがエディターの使い方が少しわかった?(雰囲気は理解できるところがある。漢字に馴染みのない人は難しいと思う・・・・・??)

英語でNextion screen editor not working with TJC screens.
Looking for TJC screen editor if someone can help?

Does any colleague have a file for this device, or do you know the solution to use this device?
などのhelpがいっぱいある。困っている人多いいみたい。

英語版のwindowsでは中国語はどんな表示になるのだろ・・・・・・


このままでも使えるけど少しつつくことにした。

Editor2

二つのモニターにNextionとUSARTのエディターを出し同じレイアウトのデーターを表示して英語版をつついてから同じ位置のアイコンをつつけばめんどくさいが中国語が分からなくても使えそう。これがあたり!!

何とNXとTJC用の同じレイアウトのデーター(HMI)があったので早速取り掛かる。(エディターもデーターもそっくり??これがなきゃできなかった!!)

996a5260周波数を書き替えた。
この修正は二つのエディターを比べながらすると簡単にできた。
漢字を知らないヨーロッパやアメリカの局にとっては此のくらいのことも難しいだろうな・・・・・

TJC版のレイアウトはNX版コピー?らしくフォントなど細かな点に違いがある。Listerninのようにgが切れたり(写真),Jの下が切れたり,待ち受け画面に意味のないURLがあったりといくつか修正したい点がある。これも表示幅の変更などでできた。

待ち受け時の意味のないURLも消した。
SメーターはS1とS9の画像の切り替えだけみたい。

※二つの画面を比べながらするとこれ位の修正はできたので書き込みデーター(tft)をつくった。Img_40581

tftの書き込みは同時に買ったUSB-TTLの変換アダプタ(100円以下)を使うのとMicroSDを使うのを試してみた。どちらでもOKだった。

Jumbo SpotとTJCを接続するとネットにあるような表示ができた。good!!

2.8インチで画面がカラーなのでJumbo SpotやM-380のLCDより見やすい。

DMRやD-Starなどのモードにより画面のレイアウトが異なるので見ただけで運用モードも分かりやすい。

※Nextionについて何も知らずにDmr2
始めたが何とか表示までできた。私みたいにTJC版を買って使っていない人いるんじゃないかな?。

小さな修正ならこの方法でできるのでまた不具合があれば直してみよう。

とりあえず中国語版はここまで・・・・・。送料込み1,500円で遊べたのでまあいいか・・・・・・・・

※取りあえずのコールサインの表示ならこの1,500円でできることがわかった!!

※追加

DVMEGA + RPi3 +  TJC3224T028 ( USB-TTL) で 使う

DVMEGA+RPi3には今までLCDがなかったのでコールサイン表示に使ってみた。
4ピンのTTL接続は使えないのでUSB-TTL変換アダプタ経由で繋いでPi-starのポート変更をしたらすぐ見えた。
Tjcdvmega

延長のUSBケーブルを使えばディスプレイの置き場所が自由になるのでJumbo Spotもこの接続が設置の自由度があっていいかな。

付け替えて使うのは面倒,二台目がいる
1,500円も安上がりでいいが次はNXブランドで遊んでみるかな!!
(同じ2.8インチが2,200円位の1.5倍)

---------------------------------------------------------------------
(その9)につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/nx3224t028jumbo.html

2018年6月22日 (金)

MD-9600(144・430MHz DMR・FM 50W機)免許OK(その7)

DMR関連の動画を見ているとTYTのMD-9600(144・430MHz DMR・FM 50W機)というモービル機があった。

固定機としてもLCDが大きいので使いやすそうなので技適のない50W機としてもちろん無改造で申請することにした。

96001Aliexpressを見ると本体が30,000円以下で送料を入れても安い。申請が通ってから購入を考えることにする。

メモリーチャンネルだけでは運用方法も限定されるが,出力が50WでしかもVFOがついていることはgood。(MD-380にはついていない)

50W出力の144・430MHzのDMR・FMのリグとして十分活用できそう。

設定ソフトはMD-380の設定ファイルが読み込めるのでDMR関連の設定は楽にできそう。


※144・430MHz 50W DMR・FM機としての申請書類の作成

申請にはブロック図やスプリアス関連の資料がいるのでネットを探す。

ブロック図は見つからないのでネット96002の写真を参考に使用されているチップ名を見る。
写真が不鮮明なところは実機を持っているローカル局から上蓋をあけた鮮明な写真を送ってもらって見ながらチップ名を聞いた。(蓋を開けるにはトルクスドライバーがいるそうです。380もいるようです)

基板を見るとMD-380のファイナルがドライバーとしてありそのあとにPOWER FETを使用して50Wの出力を出す構成となっているようだ。

使用チップの似ている380の系統図を参考にMD-9600用の系統図を書いた。とにかくチップとファイナルの名前位しかわからないので簡潔に書いた。それらしいものができた!!質問されてもわからないが・・・??。

スプリアス関連の資料は英語版のFCCの詳細な資料(PDF)があったのでそのままつけて提出。様々なデーターが載っているのに感心する。

申請書は144・430MHzのF7WとF3Eの50Wで書いた。

月曜日に保証願を提出しその週の金曜日にJARDから保証書が送られてきた。何だかあっけない(資料が役に立ったのか?)。

すぐその日に総通に申請を出した。次の週の金曜日には審査終了になった。(休日を除くと実質10日で)!!!(質問・指摘など全くなし)

※中華機はUV-5R・MD-380・MD-9600と3台目の申請。
50W出力の144・430MHz FM・DMR機も適切な資料を準備すれば無改悪でJARDの保証・総通の申請が通る
!!。

書類が整っておれば出力や周波数や変調方式は関係ないみたいです? 申請した中華機3台ともFCCの資料は同じようにありますので(他の機種も沢山ありました)無改造でOK!!です。これが実際に申請した結果です。

※ネットには自慢げな?中華機の改造ブログ
もまだあるようです・・・・中にはまだ信じて基板を壊す人がいるのかな??いるんだろうな・・・・ご自由に!!なにせまだ現物がないので壊しようもない。

※ いつでもOnAirできる!!いつ買うかなーーーーー 

※次の週の月曜日にはもう免許状がきた!!144・430MHzが50Wになっていた。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ ショック!!値上がりしていた!!。7月になってAliexpressを見ると送料を入れると35,000円以上になっていた!!まだebayより安いけど一割以上の値上げ??残念 安くなるまで待とう!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※(その8)につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/jumbospotnextio.html

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »