« 中国製テープツール(テープナー?)の購入 その2 | トップページ | Raspberry Pi+DVMEGAでD-Starのノード局をつくる(その1) »

2017年12月21日 (木)

MC-43Sもどきは失敗だった

※※同じくAliexpressで買った マイクの失敗談

今あるモービル機のマイクが TORIO MC-42Sと古く コードもだいぶ伸びてきたので例のセールの時 MC-43Sもどきがあったので買ってみた。

996a5190見た目はそっくりだが軽くて手触りが安っぽい。本体のプラやハンガー金具も安っぽい。カールコードは固く重い。UP DWNのスイッチも安物。

前面には堂々KENWOOD MC-43Sと書かれたプレート。(注文時の画面ではKENWOODは消してあった) 裏面はMADE IN JAPANまでありコピーされた本物そっくり。 と 外見からの感想。

取説は 本物のMC-43Sのコピーが入っていた。

いざマイクを付け替えてみる。 モニターしてみるとPTTやUPDWNはできるが音が小さすぎて使えない。

Img_37732マイクユニットが悪ければ諦めようと42Sも開けて比べてみる。

配線を比べてビックリ MICのGND用のシールド線がPTTスイッチの配線に,MICのGND側が他のGNDに別の普通の線でつながってたりとでたらめ。。。

コネクターも開け42Sと比べて配線を正常に直してみる。まだ音は小さいがかなり改善され他のリグでモニターするとハウリングも起きるのが確認できた。

これが中華品質と納得???。

何か別のマイクユニットでもあれば付け替えてみるしかない。安物のダイナミックマイクかコンデンサーマイクのユニットでも探そうかな。

Img_3791コンデンサーマイクのMC-44もどきも試してみた。

音質はあまりよくないけど,800円と安いこちらの方がまだ使えそう。

« 中国製テープツール(テープナー?)の購入 その2 | トップページ | Raspberry Pi+DVMEGAでD-Starのノード局をつくる(その1) »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569100/66181430

この記事へのトラックバック一覧です: MC-43Sもどきは失敗だった:

« 中国製テープツール(テープナー?)の購入 その2 | トップページ | Raspberry Pi+DVMEGAでD-Starのノード局をつくる(その1) »