« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年6月

2016年6月11日 (土)

ドラム式洗濯機のパッキンを交換

Img_2491パナソニックのドラム式洗濯機 (NAVR3600R 2010年4月購入)が稼働中にドアの下部から水が垂れているのを見つける。(何時からかは不明) 蓋をあけてみるとパッキンの下部が破れているし色も変わっている。(私はほとんど使わないもので・・・・・???) 購入時の5年保険も切れている(パッキンは消耗品なので対象外か)。 別に入っているヤマダ電機のThe安心保険も洗濯機は6年だがパッキン類は対象外。残念

修理を頼むと 部品代の他に工賃が10,000円位はかかりそう。

Img_2999ネットを見ると機種は違うが修理の状況を詳しく書いてあった。これなら自分でできるのではとスタートする。

パナソニックのサービスセンターに部品を問い合わせると素人には売らないとつれない返事。購入したコジマはもう閉店といってもダメ。以前噴霧器の部品はOKだったのにと言ってもパッキンはダメ。

Img_2465近くのヤマダ電機で部品の注文の可否を聞くとOK。自己責任で修理するからと早速注文する。2~3日して着たとの連絡。4,000円+消費税だった。

まず上のパネルと前面・下部のパネルを外す。前面から見えないところの背面や上部の隠しねじ・フィルタの蓋を外したところなどなどドライバでねじを外せばOK。パナソニックのこの頃の機種はほぼ似ていImg_2468るみたいで簡単だった。
Img_2464パッキンは2本のワイヤーで止められているので留め方をデジカメで撮ってから外した。なるほど水漏れ防止はバネかと納得。

随分前から水漏れ状態だったのだろうパッキンの下部がかなりさびていた。
後は簡単パッキンを取り替えて、ワイヤーを留め直す。あとはねじを分解とは逆の順に留め修理完了。

これだけの修理に工賃10000円は取り過ぎor当たり前??? とにかく部品代だけで済んだ。
Img_2473Img_2489_2

******************************************************************************************************
*****************************************************************
エラー H93が出た-------------------------

修理完了後10日ほどして、家族から洗濯後何かランプがついていると言われ確認してみると H93のエラー ネットでエラーコードを調べると冷媒吐出温度センサーエラー 修理代も2万円位かImg_30251かりそう???

ヤマダ電機のThe安心保証では洗濯機は製造後6年まで保証。即電話をしてみる。製造年を聞かれる2010製とシールにあると伝えるとOK。2010年製なら今年まで保証するとのこと購入した日から6年でなく助かった。継続会員なら他社購入でも部品代・出張料・技術料もすべて保証適用ラッキー。

その日にパナソニックのサービスから電話があり翌日修理に来るとのこと
下請けの業者が部品をもって来宅。
Img_30331_2早速 裏の蓋をあけて下部についている大きなヒートポンプユニットごとごっそり交換して終わり。

センサーの部品の交換かと思いきやあの大きなユニットごと交換とは修理がはやい。使った工具はねじを外すインパクトドラーバーだけ業者に聞くと今時半田ごてでの修理はないとのこと。

故障したユニットはサービスに返送するとのこと。修理して次に使うのだろう。
これじゃ素人の修理は無理。普通の5年の延長保証なら期限切れ。
今までエアコン・冷蔵庫とこの保守にお世話になったこれで3回目。The安心保守契約のありがたさを実感する。

===========================================================================

そして約一か月後 今度は

エラー H A0が出て選択が途中でとまる。 排水関係のエラーのようである

無料保証で 同じサービスマンが来る。交換したピートポンプユニットがまた故障。 再生品を使っているので今度は排水ポンプ関係が故障したのだろうとのこと。別の再生品に交換。ついでにエルボという部品も交換して修理完了????

保証が残っている今年中の故障ならいいが2017年以降なら修理代がかかりそう心配。ヒートポンプユニットの故障続くようなら少しは文句を言おう。

2016年6月 7日 (火)

今年の家庭菜園のぶどう (その1)

Img_30062Img_24792

家庭菜園に植えているぶどう(安芸クイーン・シャインマスカット・瀬戸ジャイアンツ・ピオーネ)は全部順調に大きくなっています。
畑の半分以上がブドウに占領状態になってきた。。。。。。
昨年のうどんこ病やスカシバ被害の教訓で栽培指針に従い10日~15日置きに早くから消毒をしているからかな・・・・・今のところ病気・害虫の被害なしOK。

安芸クイーンが100房以上 成らせ過ぎ!! 
4種類の中で一番早く大きくなっているが少ししか摘房しなかったので
Img_2482_2Img_24581
たぶん今年も色がつかないだろーな。

シャインマスカット 100房以上と順調 昨年は房も充実し一番の好評の品種でした
Shain1Shain2
瀬戸ジャイアンツ 昨年はうどんこ病で途中で全滅だったけど,4種類の中で一番遅く、まだまだ小さい房だけど50房以上は取れそう楽しみ。どんな味かなあ。
Seto2Seto






ピオーネ 2本あるけどどちらも順調  90房と70房以上
PioPio3

今年は房が増えたのでジベ付けの区別に100均の木製ピンチに赤黄青白の色を付け2~3日置きに色を変えて軸につけて
2回目のジベ付けの時はずす方法をとった。色は100均のペイントを塗った。
これが超便利(4.5cmで36個入りが一番合う。)軸につけても凹みがあり軸を挟む力も最適で片手でできるのでOK。
1回目のジベがすんだらピンチをつける。全部の房にピンチがついていればOKとなる。二回目は全部外れていればOKで区別する。この方法はブドウが数本までの素人の菜園で使える方法かな。早いのと遅いのとでは満開が10日ぐらい違ったが4色で間に合わせた。

Img_2995ジベレリン処理の区別のため食紅で赤くしなくても良くわかり、マーカーを残して済んだら取る方法より素人には2回目のジベをするときもすぐピンチの色で分かりべんり。
ジベのつけ忘れもピンチで区別できgood。まあ来年も使えるのでOKとする。
狭いぶどう棚の下ではカッパがないと肩や腕に赤い液がつき昨年は困った。

Tebukuroネットにジベ付け用ゴム手袋を使うと水垂れ防止がついているので腕が汚れないとあったので買ってみた。
確かに赤い色をつけた液でするときは腕に垂れないので服を汚さないのでべんり。でもピンチを使うと必要なさそう。どっちがいいかなあ・・・・・・


2回目のジベが済んだ雨よけのないところの房に傘をつけ,摘粒が済んでから傘の下に袋をかけることにした。

素人栽培で全部に雨よけをつけるのは困難。おまけに邪道だがブドウの下には野菜(いちご・白菜・とうもろこし・キュウリ・豆などたくさん)をたくさん植えているので・・・・

小さな房も含め全部で450房以上このまま育つとどう処理しよう・・・産直市でうれるかなあ。。。。
Img_30032
3月に試しにと挿し木をしたシャインマスカット・安芸クイーン・ピオーネ根が出て新芽も伸びてきた。15本以上もあるが全部を植える場所もない。かといって他人にあげるのも法的にはだめ、どうしよう。。。ちなみに真ん中の太い幹は6年目のシャインマスカット
。。。

二回目のジベレリンもほとんど終わり摘粒して袋掛けが忙しくなりそう。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年9月 »