« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年7月

2015年7月12日 (日)

家庭菜園のぶどうが大きくなっています  その1

家庭菜園のぶどうが大きくなっています。今年のぶどうは(欲張って4種類も植えている)昨年よりも大きくなりぶどう棚も広げたのですが順調??
3カ所のぶどう棚いっぱいに大きくなりました

①安芸クイーン・・・・粒の大きい房がついています

P1040792P1040793P1040791

②シャインマスカット ・・・・・緑のきれいでつやのある大きな房ができています
P1040788P1040789_3

P1040790_3
③ピオーネ・・・・・・一番若い木で房は小さいが色がつき始めたものもあります

Img_20150708_093333Img_20150708_093400P1040796

※ 3種類とも昨年より大きな房をつけました。・・・満足満足とニコニコ

摘粒を適当に済ませ袋をかけていました。袋をあけてみると粒がギュウギュウ。面倒でも袋を外して2回目の摘粒をしました。来年は摘粒がすんでから袋かけをと思いつつ収穫まであと2か月を楽しみに。。。。作業をしました。

※ 害虫にやられたー
安芸クイーンとピオーネの中を再度袋をあけて房をみていると袋の中で害虫に食べられて糞だらけで,食べられて粒の小さいボロボロの房を発見 ショック。
P10407862近くのJAに持っていって相談するとスカシバだろうということですがもう見当たらず。
ブドウに登録があり収穫21日前まで5回つかえるとかいてあったのでパダンSGを購入。
全部点検してみると3房やられていました。
袋を再度かける前に早速防除。効果があればいいが。。。。枝の中にいるものには効果ないかな。 気休めと予防に防除

※瀬戸ジャイアンツはダメでした。ショック

昨年は一つも花蕾ができませんでしたが、今年はいくつか房ができ喜んでいた。他のぶどうより遅く小さかったけどジベレリン後袋をかけていました。
どうかなと開けてみると。房や軸がカビみたいなものの粉で真っ白になっていました。P1040807_2
近くのJAで聞くとうどんこ病ではとトリフミンを購入散布しました。しかし黒い跡が残ったまま粒も大きくならず全滅状態。どうなるか試しに置いたままにするかな。でもすぐそばのピオーネは今は何ともないが、うつらないうちに処分するかな。
難しい品種なのかな。。一度は早く食べたいなーーーー


※ これからの防除についてJAで聞くと防除暦をいただきました。以前もらった栽培指針の中の防除の部分をA3版にしたもので防除履歴も書けるので便利かな。プロの農家はこんなにいろんな薬使うのかと感心。
10日に一度は消毒しなくてはきれいなぶどうはできないみたい。素人にはむり。

Boujyo3_2


※袋掛け後も灰かび病などの防除をするようにとのこと。使用農薬はブドウに登録があるか、どの病害虫にあるのか、使える回数、収穫前日数は必ず確認するよういわれました。
さて、収穫までの使用計画を立てなくては。。。。
防除暦で取り敢えずZボルドーかなとブドウ作りのお友達に話すと親切に薬害軽減のクレフノンを持ってきてくれました。梅雨の晴れ間にやろう。


※病気、害虫対策で農薬が増えました。素人菜園もうこれ以上増やさずに使い回そう。ブドウ以外にも色々使えるのでまあいいか。。増えすぎて有効期限切れまでに使いきれない。野菜にもしっかりやるか???

趣味で作っているのに高くつきます。。。。。その2が書けるほどこのまま熟れてくればいいのですが・・・・・・・・・

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »