« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月20日 (日)

Q666C 中国製 カーボン三脚を買う

EOS 7D用の三脚が古くなり持ち運びには重すぎ、しかもクイックリリースもなく脚も空回りし固定しにくいので新しいものを探した。

 

Sann_2今はやりのカーボンで7Dに70-200mmのレンズをつけて使えるものをネットで見ると数万円はザラできりがない。どうせ安物はMADE IN CAINAだろうと、ここでまたまたAliExpressで探す。たくさんある中で、Q666Cが目に留まる。同じ形でカーボンとアルミ両タイプがある。値段よりも軽いのがよかろうとカーボンに決定。

 

Q666Cで検索するとたくさんあるある、値段、送料も色々ある。 EMSのFree Shippingで US $120.27  12600円 で安くて速いhttp://www.aliexpress.com/item/Q666c-slr-camera-carbon-fiber-tripod-short-carbon-tripod-portable/1720509879.html  から購入に決定。

 

どのshopにも同じような詳しい写真や説明(もちろん中国語は雰囲気で理解する)がある。1本外して1脚はともかくウォーキングポールとしても使えると書いてあるそんなに丈夫????使うつもりはない。脚の直径はSoto25mmで5段、自由雲台もあり、コンパクトに収納できて軽い。素人がたまに使うだけなのでこれで良しとする。どっかに持っていって壊しても諦めがつく価格。

 

ヤフオクで中国製、カーボン、三脚で検索すると同じものが型番は書いてないが写真や説明の同じものがあるある。でも送料を含めると2万円以上にはなる。でもここの写真は日本語であるので一見の価値あり。高くていい人はどうぞ。

日曜日の21時ごろ注文する。2日後にはFedEX便で送ったとメールがある。土曜日の10時には到着。EMSよりHakoはやいはやい。5日ちょっとで来るとは驚き。ちなみにFedEXの伝票に送料$20と書いてあった。

 

早速 開封してみる。脚を雲台側にたたむと確かに350mmになる。重さは本体と雲台で1.35kgと軽い。ケースを含めると1.5kg位。200mmのレンズをつけて取り付けを確認すると思った以上にしっかりしていて素人には実用になりそ200mmう。なりより送料込みで$120なら満足。さて何を撮ろうかな。。。。。。。

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 

※クイックリリースのプレートの予備があれば、予備のカメラにも付けられと
一個$6以下だったので2個購入、スマートフォン用の三脚ホルダも購入、iphoneでとるとき固定に困っていたので便利かな、三脚の袋に入れておこうImg_9077

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年7月17日 (木)

東芝 IMPULSE ニッケル水素電池 単一型の液漏れ?

家庭菜園の消毒用に使用していたパナソニックの噴霧器は単一型電池6個を使用する。たびたび使用すると電池代も結構かかる。
190L使えると取説にはあるが電圧が下がると噴霧量が減りダメ。
Hun
そこで手持ちのSANYOの単三型eneloopを単一型にするアダプタを使ってみたが使用電流が大きく役に立たない。チョロチョロ出るだけしかもすぐ動かなくなる。実用性はない。

ネットに機種は違うが単三電池を単一用のアダプタに入れて使うと噴霧量が少ないとか噴霧器本体の不良だとかの文句をたらたらとを書いている人がいた。
電池の電圧が同じでも取り出せる電流の容量の違いが分かっていないのでは。。。。。。モーターの使用電流が大きいの知らないのかな。。。。
アダプタで何でも済むなら単一電池なんていらないのに。。。。

容量の大きな電池はと探して東芝の単一形8000mAhのIMPULSEが目に留まり,電池6個と専用充電器TNHC-12SCをコジマのネット通販で購入。

アルカリ電池より電圧が1.2Vと低いが噴霧器の使用には差し支えなく使用していた。噴霧量も十分で満足思ったより長持ちをして充電もたまにする程度で満足して使用していた。
もう横着者の私は手押し式の噴霧器にはもどれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※その後
この充電器では一度に4個しか充電できないので残りの2本を眺めているとZenbu写真のように+極に錆が??周りの白い紙?にも錆の周辺に茶色のシミが。。。。よく見ると1本だけではなく6本とも同じような液漏れ??。

購入後,約1年で充電回数は数回。電極の錆と茶色のシミははだんだん大きくなりそう。消耗品の電池とはいえ,1本1000円以上はするもの。

高い買い物をしたかなと思いつつ電池に書いてある東芝の相談センターに電話をし状況を伝える。しばらく話した後,少し待ってほしいと相談???。その後,あとで担当者から電話をするとのこと。夕方相談センターより,新しいものを送るので現品を送り返してとの電話があり安心する。

私のよく購入する名もなきメーカ??のUemen中国製と違い,同じMADE IN CAINAでもさすが東芝製と安心する。購入後1年で気づいてよかった!!。
でも,普通に使っていて全部の電極がさびるとは何なんでしょう。。。。。

新しいのが来たら,じっくり眺めてみよう。+極の周りの白い紙は何かを吸い取るためにあるのならわかるけど,今まで紙が見える電池ははじめて???。

日本のメーカーのサポートが一番かな。でも安さにひかれ中国製品に目が行きそう。

※追加
そして2日後
宅配便で代替品とていねいな文書とともに到着。しかも航空便。
新しいのは確かに+極周りはきれい。充電してためしてみよう。。。Hako
SinpakSin6

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »