« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月19日 (水)

UV-5RA+ 新たに2局購入

ローカル局もUV-5Rを買いました。

Img_80872ローカル局で3か月に一度ぐらいやっているアイボールの5月末の会で中国製ハンディー機UV-5Rが話題になりました。
ショップを見ると,今は5Rも進化しいくつものバージョンがあるみたいでも、何が違うかよくわからない。

当局のUV-5Rの申請の件で話題となり,2局の方が購入することになり,早速409ショップへ注文,昨年より円安でしたが,本体5RA+と予備電池、USBメモリーケーブルのセットで6600円位と国産より格安。
 2局とも同じものを○倍もの価格で売っImg_80892ている国内のショップは選びませんでした。かしこい!!。

 先日、品物が到着しさっそく臨時のミーティングを開きメモリーチャンネルのコピー会(特小チャンネルやその他多くの私のメモリーチャンネル数が多いいのでコピーが楽)と申請書類の書き方説明会(もちろん当局の申請書類のコピーの説明会を開催)を開催。申請書類一式はPDFファイルにして即申請できるものをコピーしさしあげました。申請の経緯のブログを参考に丁寧に説明をしました。
 

 前に書いたブログの,販売証明書とか誓約書の話題(自分も作って売ろうかとか,お互い販売店になって作りあおうとか,印鑑をもっともらしく作るソフトを持っているとか)で花が咲きました。(誰もそんな話信じていませんが。。。。)

 他の人のブログで,SPとMICのコネクターを外したとか書いている人いたけど?????,同じ人の別のページには外部マイクをつけた運用の写真も載っていたけど?????,一度はずしてまた付けた。ウッソでしょ。。。あれって私の見間違い???
 自慢げに写真載せなきゃ信じる人がいるかも????
 (はやく写真を削除した方がいいよ。どっちを???) 

 当局には,そんな小細工なしで,何もメールなかったから自由に書いているけど。

周波数の変更をしないリグ(できないリグ)を作る人はいないと思うけど・・・・やっぱり写真を加工しているのかな????フォトショップで簡単に作れるか??
 
 外部マイクやイヤホンのコネクタ使用不可にしないと認定されないの??信じられなーい。モービルや人のいるところでの使用どうするの???モービルでは外部マイクは欠かせない。付属のイヤホンマイクも外部マイクも使えないじゃん。。。

これホントのようなウソの話?ウソのようなホントの話? こんなの信じる人いるの??  無改造で使えますよがホントの話

 聞いたことないけど最近認定の基準が変わったの???????
 本体をベルトに下げて使えないの??5Rと5RA+では変わったのかな。。。それならしかたない。。。
 ※※※これじゃホントのハンディーだけ機※※※

Img_14362 ローカル局が近いうちに申請されることでしょう。結果が楽しみ。。。。。。同じ申請書類なのでOKなのは間違いないのですが。 

 ところで、付属のメモリー書き込みソフト、どうしてもXP以外の64ビット版win7やwin8ではエラーがでて動きませんでした。32ビットでは動くのかなあ。。

 UV-5Rのメモリーの周波数設定は、他のバージョン(RA+)へも問題なくコピーはできました。UV-5RA+外見が少しかっこよくなっているぐらいで違いがよくわからない。

※※※  なんと 1局よりもう変更申請を出したとの連絡が有りました
      早い!!※※

 ニューバージョンでも申請がすんなり通るとしたら,結果を聞いて 2台目、3台目と予備に購入しようかな。。。。

2013年6月 1日 (土)

アースドリル その2

マキタの中古ドリル HP2032 を買いました

畑に夏野菜の トマト、キュウリ、ピーマン、メロンなどの杭や支柱を打つ機会が増Img_80472えてきた。竹を打ち込むのに苦労していましたがアースドリルの出番が増えました。

少し硬い所では手持ちのドリルでは力不足でしたが,家庭菜園用に新品はもったいなくて手が出ません。
 ヤフオクでマキタのHP2032という,2スピードの振動ドリルの中古がありましたので落札しました。アースドリル以外にも720Wの消費電力で力がありそうなのでつかえるかなと。900Wの発電機にも十分対応。ドリルチャックも13mmまで対応で余裕でOK。

見た目は傷などがありますが、回転、振動ともに正常でした。サイドハンドルをImg_80512つけさっそく試し掘り,スイッチを入れるとウィーンとあっという間に根元まですっぽり穴あけ完了。
 さすが馬力手持ちの日立の400Wのドリルとはちがう。
 サイドハンドルをしっかり押さえていないと振り回されそうです。竹やイボだけの穴掘りにはまり
そう。。。。

 

太い杭の下穴明けには、アースドリルで3つぐらい並べて穴をあけ、手回しの穴掘り器で土をImg_80532出すといとも簡単に大きな穴が開き杭がうてました。かけやで力を入れて,杭が割れるほどの力で無理やり打ち込んでいたのがウソのように簡単にできました。

 これだと、コンクリートや木材、金属の穴あけもいままで時間がかかっていたのがはやく済みそう。

Img_80452ためしに、手持ちの12Vのインパクトレンチにアースドリルをつけまわしてみました。耕したところに穴は開きますが、硬いところになるとダメ。インパクトドライバーではサイドハンドルもないし全く使えませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※※※これでも土の中に大き目の石があるともうだめドリルの先がつぶれるだけでアウト。
横着ものの素人の挑戦はアースドリルその3 へつづく。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »