« 中国製無線機 UV-5R を買いました。 | トップページ | 中国製無線機 UVー5R 保証認定が通りました。 »

2012年12月 9日 (日)

中国製無線機 UV-5R保証認定 への道

UVー5R保証認定 への道  

いよいよ保証認定書類の作成開始
 保証願には,堂々 UV-5Rと書く
 Img_77182

工事設計書 A4版1枚
 
変更なしの部分は空欄 増設として
F3E 144MHz 430MHz リアクタンス変調(適当に正確には知りません) 終段管 RQA0009 7.4V 4W  と書いて終わり。

送信機系統図  A4版1枚
 これは回路図やネットで調べたことをそれらしくブロック図に書いて終わり。(詳しく書きなさいといわれてもかけませんが。周波数構成なんて聞かれても分かりません。適当に(いや適切に)なんせほとんどがチップの中。もっともリグのふたを開けたこともないですが。。。。あける必要もない。あけても分からない。)
 おまけとして ネットにあるRDA1846のブロック図もつけておきました。
 英語と記号ばかりなので日本語の訳の説明を少し付け加えました。(誰でも知っているようなこと)

ここで思案 これだけの提出では皆さんのブログや噂などをみて,話のうちの何分の一かがもしも本当だとすると??通りそうにない!!,追加資料がいるのではないかと思案。何度も書き直し,追加提出はいやなので

参考資料として次のものを追加しました。A4版で3枚

①機器の定格
 
定格出力 4W  (裏のシールには5Wホントはどっち?)
 スプリアス輻射  -60db以下   と書く。
 マニュアルの定格部分のコピーの図をつける。

 (もちろん英語のままの部分のコピーをつける。何か言われれば定格に書いてあると言い通すしかない。これしかない。)
(今までもスプリアスなんて測ったことはないし測り方も知らない。定格に明確に-60db以下と書いてあるという。)

②送信周波数制限
 アマチュアバンド以外は送信不可能に設定。変更には専用ソフトとケーブルがいると書く
 144to145 430to439とリミットをプログラム設定した画面のコピーをつける。
 (いつでも簡単に増やせるのですが,もっともらしく簡単には変更できないと強調してかく。なにせ136-174MHz,400-480MHzまで送受信できるんだから対策をしているよと。いつでも簡単に設定変更はすぐできますが,間違って送信するとえらいことに。。。。)
 設定するとメモリー以外は受信も制限されてできなくなるよ。。
ちなみに,プログラムはケーブルにもついてきますがネットにいくらでもあり,新しいのがすぐ手に入る。。。。

③メモリーチャンネルの設定
 プログラムで適当に(適切に)何チャンネルかをバンド内にチャンネル設定したところの画面コピーをつける。(バンド外の設定も受信,送信のON,OFFも自由にできます。)

④各部の名称の図
 マニュアルの各部位の名称の図をコピーし名前だけ日本語に直したものをつける。
(本体にはバンド幅を広げる特別なスイッチ,端子はないよと知らせるため。本当はマイクとスピーカ端子で書き換えが簡単にできる。そのケーブルも同じところで売っている。中国製無線機はほとんどこの方式なんで(日本製も同じかな)TSSも知っていると思いますが)マイクとスピーカー端子の利用とはよく考えたものだ,,,なるほど特別な端子ではない!!

⑤回路図 
  Wのサイト(物好きな人の多いことに感謝)からとってきたもの
  ( A4版にきれいでよくわかるようにそのまま印刷

以上で書類完成

 ここまでの調べで趣味の世界の話としてUV-5Rのことが少し解りかけてきたつもりになる。中身はあけていないので全くわからない。あけても分からない,元に戻せなかったらいけないので(よくねじを余らせたり,壊したりする)あけない。

保証料3000円は申請がダメモトで捨てたつもりで振り込みました。

Img_77272_2Img_77302

これで準備OK申請開始

さて結果は  次回。。。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国製無線機 UVー5R 保証認定が通りました につづく

http://h7nana.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-29cd.html

 

« 中国製無線機 UV-5R を買いました。 | トップページ | 中国製無線機 UVー5R 保証認定が通りました。 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

ハムフェアには間に合いませんでしたが、本HPを参考に資料を整え申請が通りました。
これで、UVー5R+から電波が出せます

正規に申請していると安心して使えますね。ハムライフをエンジョイしてください。

高校生の時に免許証だけ取りましたが、無線機を買うお金が無くコールサインも申請していませんでした、しばらくしてPHSが発売されて必要性を感じなくなったんですよねww。あれから20年位かな、名古屋の大須にてコレを見つけて買いました。せっかく免許証があるので、合法的に申請をしてみます!

とにかく2017年11月までに免許とっておけば旧スプリアス機として使えますから。
それ以後は新規に申請できませんのでご注意を
これしらない人多いのでは。。。。

ご返信ありがとうございます。
久々に色々と調べる一日となりました、webでも申請できるようですね。
時間も手間も掛かるようですが、違法運用だけはしたく無いので頑張ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国製無線機 UV-5R保証認定 への道:

« 中国製無線機 UV-5R を買いました。 | トップページ | 中国製無線機 UVー5R 保証認定が通りました。 »